« ジャガ芋とコンビーフの重ね焼き | トップページ | トンブリと納豆の胡麻酢和え »

2007年11月26日 (月)

ノドグロの干物

ノドグロはアカムツのことで、喉が真っ黒なので北陸・山陰地方で呼ばれる名だ。

とにかく、日本海側の赤い魚の中では、キンキに次いで旨い魚と言われる。

そのノドグロの干物(10枚/¥2980)を、またまたマグロ君の《吉川水産》で買った(国産鰻・10枚/¥6980も同時購入)。 1275

ノドグロはムツの仲間だが、ムツの仲間には本ムツとクロムツ、アカムツがあり、アカムツの体色は赤色。

また、ムツ(本ムツ)とクロムツは非常に似ていて、市場でもとくに区別しないで流通している。

見分け方は、体色がやや茶色がかっているのがムツ(本ムツ)で、紫がかった黒色をしているのがクロムツと思えばいい。

アカムツ(ノドクロ)は北海道以南の日本近海、朝鮮半島南部から台湾北部の東シナ海に主に棲息する。Photo_2

体長40~50cmにもなり、目が大きくて犬歯がある。

水深100m以上の深い岩礁域に住み、小魚やエビ・カニ類、イカ類などを食べる。

非常に大食の魚で、喰い溜めができるように大きな胃袋を持っている。

これは、餌の少ない深海で暮らす魚の特徴だ。

深海に住むので、釣り上げると、水圧の関係で目が飛び出すが、買う時はその目が潰れていないものを選びたい。

型のいいアカムツは白身の魚でも、脂乗りが抜群で、煮汁に良質の脂が細かく浮く。

煮付けが美味しいが、中でも卵(ムツコ)の入ったものを煮たのが一番人気。

また、体長20cm程度の小振りなものは、脂が薄いので干物が美味しい。

ノドグロの干物焼き1278

いかにも、鰓から喉、腹まで真っ黒(喉黒どころか、腹黒でもある)だが、甘味のある脂が焼けた香りと品のいい白身が美味しい。

ノドグロの干物も、鰻も10枚ずつも買っちゃって~(10枚だと割安だったから・・・)。

頑張って食べないと・・・夫婦ふたりだもの ^_^;

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« ジャガ芋とコンビーフの重ね焼き | トップページ | トンブリと納豆の胡麻酢和え »