« 手作り“ぐい飲み”の使い道 | トップページ | 白菜と帆立缶詰の煮物 »

2007年11月21日 (水)

ルッコラの香り

昨日は、母の四十九日法要で、青森に日帰りだった。

青森は、前日に雪が降り、当日の風も冷たくて身が凍える。

着いて間もなくから、ちょっと寒気がしていて、次第に辛くなったので、お昼の会食は弟夫婦に後を頼んで、早めに失礼した。

そのおかげで、最終便どころか、二便も早い14:35に乗ることが出来た ^_^;

青森空港で、夜の食事用に「蟹弁当」を購入。1271

蟹味噌を舐めながら食べたが、蟹味噌の香りが濃厚で旨かった~。

さて、イタリア料理のサラダやピザ、パスタに使われるハーブ野菜として、バジルに次いで人気がある“ルッコラ”。

イタリア料理の素材と思われているが、ヨーロッパ各地で使われている。

地中海沿岸が原産地と言われ、ローマ帝国時代から栽培されていた。

974日本では“ルッコラ”だが、これはイタリア名の“ルケッタ(ruchetta)”もしくは“ルーコラ(rucola)”からの訛化、とくに後者に由来すると言われる。

英名では“ロケット(rocket)”だが、時にはロケットが花大根を指すことがあり、紛らわしい。

ルッコラの和名は「キバナスズシロ」、つまりアブラナ科。

ゴマの香りに似た風味と、アブラナ科独特の多少の苦味と辛味がいい。

ただし、成長し過ぎると苦味が強くなってしまう。

カルシウム、鉄分、ビタミンCなどが豊富で、ローマ帝国時代には《ホレ薬》と信じられていたそうだ。

1年草で、病気にも強い栽培し易い野菜だが、アブラムシや青虫が付き易い。

虫取りをマメにすれば、家庭菜園(プランター)でも容易に栽培出来る。

日当たりと水はけが良く、有機質豊富な土壌であれば、真夏以外はいつでも蒔種出来る。

と言うことは、少しずつ蒔種の日を変えれば、年中収穫可能だということだ。

主として、葉は生食される・・・サラダやカルパッチョに、ピザのトッピングに、パスタや肉料理にも使う。985

風味を活かして、和風にお浸しや和え物、炒め物に使っても美味しい。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 手作り“ぐい飲み”の使い道 | トップページ | 白菜と帆立缶詰の煮物 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ