« ラ・フランスの芳香 | トップページ | ノドグロの干物 »

2007年11月25日 (日)

ジャガ芋とコンビーフの重ね焼き

ジャガ芋はほとんどの家庭の常備野菜だと思う。

初夏に出る新ジャガ芋も美味しいが、根菜が本当に美味しいのは晩秋。

ほっくりしたジャガ芋料理は、心が休まり温まる。

ボリュームの割りに低カロリー、栄養的にもお奨めの一品。

Dsc03391_1ジャガ芋の優しいホクホクした質感は、個性を強調しすぎず、ほかのいろいろな素材と相性がいい。

癖が無いのに、ジャガ芋を抜くとつまらなくなる料理はたくさんある。存在感のある名脇役といったところか。

ジャガ芋が嫌いで食べられないという人は、まず滅多にいないだろう。

味わいや質感だけじゃなく、あのコロンと丸っこい形も愛嬌があって親しめる。

薩摩芋より10年も早く、ジャカルタから伝来していたのに、西日本では育ち難かったことや、薩摩芋のような甘味が無いことで、普及が遅れた。

ジャガ芋には、春に植え付ける“春作”と、夏に植え付ける“秋作”がある。

春作の代表は男爵やメークイン&紅丸と、近頃人気の北アカリ。秋作は、農林1号・出島・タチバナなどになる。

新ジャガ芋は、長崎や鹿児島などで、春から初夏にかけて採れる小型の芋で、主に“出島”が中心だ。

最近では、沖縄の新物が1月ころから出始め、北海道のハウス物が追いかける。

秋に収穫されるジャガ芋は、澱粉含有量が多くホクホクした味が愛されるが、元々の原産地は南アメリカ・ペルーとボリビアに跨るアンデス山地。

高地・低温・荒地などの悪条件でも育つ『お助け芋』として、飢饉対策に奨励された。

寒冷地に強い上に寒冷地ほど澱粉の含有率が多くなり、北海道には打って付けの作物だった。

17世紀頃(約380年前)にオランダ船によりジャカルタ(ジャガタラ)経由で、長崎に持ち込まれたので、ジャガタラ芋が詰まってジャガ芋になった。

16世紀に伝わったヨーロッパでは、当初は芋より花が愛され、とくにマリーアントワネットはコサージュやブーケにして喜んだと言う。

それは、さておき日本では、明治40年頃に、函館在住の川田龍吉男爵がアメリカから取り寄せた“アイリッシュ・コブラ(恐ろしげな品種名だこと)”が広まり『男爵』と呼ばれた。

間もなくイギリスから“メークイン”が入り、この2品種が長いこと中心を占めた。

ジャガ芋にとっては、不当な扱いも受けたのに、どんな土地・気候にもしっかり根を張って堅実に育ったジャガ芋の心根・・・その形や味のように丸っこく穏やか。

人間なら、ジャガ芋のようでありたいし、そんな人と付き合いたいものだ。

肉類や魚介類、ほかの野菜類や乳製品など、何とでも合う優しい根菜だ。

コンビーフ缶なども常備してあれば、寒さや強風など、変わりやすい天気の時期には役立つことが多い。

ジャガ芋とコンビーフの重ね焼き(2人分)609

  1. ジャガ芋(大1個)は、皮を剥いて2mmほどの厚さに輪切りする。
  2. 葱(1本)は斜め切り。
  3. コンビーフ(100g)は解して、おろしニンニク(1/2片分)とナツメッグ少々を混ぜておく。
  4. 610 深めの耐熱容器かグラタン皿の内側にバターを塗り、1~3を交互に2~3段に重ねて入れる。
  5. 4の上にピザ用チーズ(40g)を乗せて、180℃に熱しておいたオーブンで20分ほどコンガリ焦げ目が付くまで焼く。

※ピザ用のチーズ(☜)は、専用に袋に入ったものでなくても、グリュエール・チーズなどの、とろけるタイプのチーズなら何でもいい。

※どのチーズも無い場合は、マヨネーズを乗せて焼いてみても、グラタン風で美味しいよ。

ジャガイモの保存は、適温が15度前後なので、風通しの良い涼しい所に、芋が呼吸出来る状態でネツトなどに入れて保存するといい

長期保存には、凍らないような低温で、発芽を防ぐと長持ちさせることが出来る。
(ジャガイモの芽には、ソラニンという有害物質が含まれるので、芽が出たら深くエグリ取って使うこと)。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« ラ・フランスの芳香 | トップページ | ノドグロの干物 »