« 小芋のあられ揚げ | トップページ | 大根と豚肉の煮物 »

2007年11月 4日 (日)

シシャモの竜田揚げ風と、生牡蠣

眠い!!、が・・・原稿は仕上げた(我ながら、よう頑張った)。

明日朝一番、原稿のCDを担当者に渡せばいいだけ・・・昨今は原稿もCDなのだ。

私が編集していた頃は、ほとんどの執筆者が手書き原稿だった。

どんな達筆(悪筆?)の原稿も、読めないでは編集者は務まらない。

それがワープロのフロッピーになり、いまではPCのCDになった。

書く者も、載せる者もアナログからデジタルに・・・味気なさもあるが、それでは時代に乗り遅れるのだろう。

今日は、楽しみだった Laraさんとの初対面・・・旦那様と近くまで来てくださるというので、お言葉に甘えて調布で昼食。

天女のように可愛く上品なLaraさんと、Very素敵でダンディーな旦那様。

徹夜続きで出かけた私は、ハイ・テンションのまま、お二人に会って、ますます興奮。

美味しく、お洒落なお昼を頂いて、楽しくお話・・・というか、一人ではしゃいで騒々しかったかと反省。

でも、嬉しい気分で帰宅(*^_^*)

今日は朝から夫はゴルフ・・・今夜は、何か買って帰ると電話が・・・。

先にお風呂に入り、間もなく夫が買って来てくれた“何か”を食べて、いっぱい引っ掛けて(そういえば、3晩も飲んでないんだ・・・珍しッ!)、早めに寝ますので、皆様ごめんなさい~。

さぁ~!、自由が戻った~ぞぉ。

今夜のアップは、先週作ったもので~す。ごめんなさい。

シシャモの竜田揚げ風と、刻み葱たっぷりの生牡蠣1187

先週、見つけた生のシシャモ・・刺し身は無理だが、塩焼きならいいかと買って来た。

それが、急に夫の要望で“フライがいい”・・・と。

でも、シシャモのフライはつい先日アップしているので、その日は竜田揚げ風にしてみた。

  • 醤油と酒に胡椒と胡麻油を少々加え、シシャモを入れしばし置く。
  • 片栗粉をまぶして中温の油でカラリと揚げる。1196

フライより断然美味しいのは、干物じゃなく、生シシャモだったからかな。

それと、れおぽんさん流の刻み葱たっぷり生牡蠣を。

  • 大根おろしと塩で、牡蠣を潰さないように揉み洗い、汚れが落ちたら水洗いして水切り。
  • 刻み葱をたっぷり乗せて、ポン酢で食べる。(私は、一滴オイスターソースを加えてみたが、いける味)

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 小芋のあられ揚げ | トップページ | 大根と豚肉の煮物 »