« 蟹玉と蟹卵ご飯 | トップページ | 帆立貝柱の炊き込みご飯 »

2007年11月 8日 (木)

大根と烏賊のワタ煮

カランコエの真っ赤な花が、寒くなってきたベランダであったかい彩り。1109

とくに予定の無い日の私は、ほとんど冷蔵庫や冷凍庫の中身とニラメッコだ。

使い切れずに余っている物、使う予定のないまま保存されているもの・・・それらだって、何時までも取って置けるわけはない。

山椒や紫蘇、パセリ、葱、生姜・・・etc、これらは少しずつ使える。

あんがい困っているのが、刺し身や天婦羅、烏賊大根煮(☜)にした後の烏賊のワタ。

Photo 烏賊の料理では、いいワタなのに使わないことが多い。(☜)

身もワタも使って美味しい塩辛(☜)を作る時は悩まない。

ただ・・・身だけ使う料理だと、ワタが余る。

時には味噌漬け、時には半解凍で生姜醤油でツマミ、時にはチャーハンで使っても、使いきれずに冷凍室に入れたままのワタ・・・なんか美味しく使えないかと考えていた。

刺身用に処理された冷凍の身が、売り出しの目玉に出た・・・ここぞ!!(ン、乗ってきた)。

ワタの保存がない方は、生の烏賊を買って、身とワタ両方使ってね。

冷蔵庫には、一昨日買った、時季の大根(☜)薩摩芋(☜)がある。

大根と烏賊のピリ辛ワタ煮(2人分)547

  1. 刺身用の冷凍スルメイカ(1杯)は、解凍後鹿の子包丁を入れて、食べやすい大きさに切る。
  2. 大根(60g)は半月切り、薩摩芋(40g)は櫛型切りして、必要なら面取りを。
  3. 160℃の揚げ油で、2を素揚げ。
  4. 鍋にサラダ油少々を熱し、豆板醤(大1強)を炒め、香りが立ったら烏賊のワタを、袋からシゴキ出すように入れてしっかり炒める。
  5. 4に、鶏がらスープ(250cc)、紹興酒(大1/2)、酒少々を加え、2を入れて柔らかくなるまで15~20分煮る。
  6. 醤油と胡椒(各少々)、砂糖(好み)を加え、1を入れてサッと煮たら、水溶き片栗粉でトロミを付ける。
  7. あれば穂紫蘇など(我が家の穂紫蘇・・・遅れて植えたのが、今年の天候が幸いして、今頃使える)添える。

※ほんの少しの薩摩芋も使い切ったが、大根だけで作っても美味しいと思う。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 蟹玉と蟹卵ご飯 | トップページ | 帆立貝柱の炊き込みご飯 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ