« お助け、竹輪とモヤシ炒め | トップページ | 小松菜と竹輪の煮浸し »

2007年12月 8日 (土)

カワハギの煮付け

飲み友達のマグロ君の『世の中のうまい話』は、この数日“ウマヅラハギ”を取り上げている。

美味しそう~と思っていたら、今日は魚屋でカワハギを見つけた。

私は、先日ウマヅラハギの煮付けを食べている。

だから、今日のカワハギは小振りだったが、なんとか頑張って刺し身に造り、肝醤油で食べようと、意気込んで買って来た。1379

ま、意気込みは玄関前まで・・・いざ、皮を剥き、頭を落とすと、小さくなっちゃっておろすのが面倒に・・・(>_<)

結局、このカワハギも肝ごと煮付けになってしまった ^_^;

冬にむかって“カワハギ”は本当に美味しくなる。

菱形に近い体形で、左右に扁平、全身が灰褐色の厚い皮で覆われて、あまり見栄えは良くない。

魚形も美しいとは言えず、目付きも良くないのだが、おちょぼ口の慎ましいところが愛嬌。

見た目はイマイチでも、河豚にも似たいい味の魚で、釣り魚としても人気がある。

ザラザラした皮を剥いで料理するから、“皮剥(かわはぎ)”とそのままズバリの名。1111_21384

(写真・上の右が皮を剥いだウマヅラハギ、左が皮を剥いだカワハギ)

しかし、浜松辺りでは、口が小さく締まっているからと“キンチャク”と呼ぶそうだ。

大阪や高知では、なんと“ハゲ”。鳥取辺りでは、身ぐるみ丸裸にされるからと“バクチウオ”・・・可哀想だが笑っちゃう。

肉質が締まって、肉離れもいい、しかも淡白で品のいい味。

1120_2薄造りの刺身、椀種、フライ、ムニエル、煮付け、ちり鍋・・・と、どれも美味しいが、肝が絶品なので、必ず肝を使う。

肝和えや、煮肝などの味は格別だ。

仲間のウマズラハギと似ているので、ウマズラハギの皮を剥いて、カワハギとして売っていることもある。

→の小さな写真は、先日食べたウマヅラハギの煮付け・・・良く似てはいる。

カワハギの煮付け 1388

※カワハギは頭にも身があるので、頭は葱やシメジと吸い物にした。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« お助け、竹輪とモヤシ炒め | トップページ | 小松菜と竹輪の煮浸し »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ