« 小松菜と竹輪の煮浸し | トップページ | 鰤しゃぶ »

2007年12月10日 (月)

小鍋で個鍋いろいろ

寒くなると鍋料理の回数が増える。

我が家は、夫婦二人なのに、卓上の鍋料理用の土鍋2個、すき焼き鍋1個、鉄大鍋1個・・・他にも、深いのから浅いのまで幾つか。

いい鍋や、変った鍋を見つけると、つい買いたくなるから増える。

で、最近は、小鍋に目が行って、個鍋に凝っている。1345

鍋焼き饂飩用の、常滑焼の小鍋と陶板焼き用の小鍋を買った。

卓上に小さな個々のコンロを置き、簡易燃料を用意、小鍋を掛けると、旅館か料理屋の気分。

これにすっかり填まっている。

常滑焼の小鍋では、鍋焼き饂飩や湯豆腐、ちょっとした水炊き・・・お粥もこれで作った。 Dsc03624 1391

陶板焼き用の小鍋では、すき焼きや陶板焼き、簡単なビビンバも出来た。1347

おでんだけは大きな鍋の方が美味しそうだが、ほかの鍋料理は、少しの材料でも鍋の中で泳ぐことなく、いかにも美味しそうに見えるから嬉しい。

小鍋を前に、どんな料理に使えるか、錆びかけた頭で考えている。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 小松菜と竹輪の煮浸し | トップページ | 鰤しゃぶ »