« 自家製・塩辛 | トップページ | 歳飾りのあとは“厚揚げ陶板焼き” »

2007年12月28日 (金)

舞茸の牛肉巻き焼き

昼時に急な来客・・・用意がなかったので、宅配寿司を頼んだ。Photo

宅配寿司は、いつもは“比良乃”なんだが、電話が話中だったので、初めて“銀の皿”にした。

3人前で、¥6680・・・けっこう種が大きく、美味しい。

年末年始の急な来客は、慌てる・・・出前も込んでいたりして、間が持たないことも。

そんな時は、作り置きの惣菜が幾品かあると助かる。

ちょっと来客用にも、おせちにもなる一品。

牛肉と、舞茸の相性は抜群だと感じる味わい。

舞茸の牛肉巻き焼き(2人分)565

  1. 舞茸(100g)は食べ易く裂いておく。
  2. 牛肉すき焼き用薄切り(130g)を1枚ずつ広げ、舞茸を枚数分に分けて乗せ、巻いていく。
  3. フライパンに油を熱し、2のまき終わりを下にして焼く。
  4. 合わせ目が焼けて閉じたら、転がしながら全体を焼く。
  5. 焼き立てに、スダチ(or カボス or レモン)を搾り、醤油で食べる。

少しの肉でも見た目“ご馳走”っぽい、美味しく、取り易く、パーティーにも出せる

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 自家製・塩辛 | トップページ | 歳飾りのあとは“厚揚げ陶板焼き” »