« 豆腐懐石【梅の花】で季節限定懐石 | トップページ | イクラの親戚丼 »

2007年12月14日 (金)

和服は高価過ぎ

一ヶ月前、私は老舗社長の生き方を纏めたが、その本が、最期の印刷段階に入り、新年には出来上がるそうだ。

過分の稿料を頂けることになったので、夫の「思いがけないお話、あなたの最後の大仕事になるかも知れないでしょ」との勧めで記念になる物をと考え、和服一式を誂えた。

以前から欲しいと思っていた、手織りの作家物・西陣お召し(紬)と道中着。1393

紬はかなり渋めだが、値段が値段だけに一生着る覚悟での買い物。

ただ、絣部分に細い銀糸が織り込んであり、動きの具合で微かに光るのだ。

遊び人だった父は、「見えない裏地や襦袢に凝るのが粋なんだ」というのが持論だったが、こんなに見せちゃったらダメじゃん。

1189

そして、この着物に合う、帯(これも作家物)と襦袢、その他の小物。

どうして、帯や襦袢までも、こんな贅沢な買い物になったか・・・それは、この国宝《高山寺・鳥獣戯画》にある。

帯と襦袢の柄(↓)を見ていただきたい。

美大時代から、興味があった絵巻物が、そのまま柄になっているのだ。1394

ただ、過分の稿料でも足りなくて、夫に色目(?)を使って、足りない分は出してもらった・・・当分は頭が上がりません。

実は、普段の私は、いい歳して、 Rock-'n'-roller's fashion というか、Punk fashionというか ・・・で夫には呆れられている(孫たちには評判いいんだけど)。

我が夫は、妻が和服でお酌する・・・あの高島礼子さんの日本酒【黄桜】CMに憧れている。

だから、夫の好きな和服姿の妻になろう~と、三日坊主になりそうな夢を持ったのが始まり。

私の色目は「毎日、和服で、三つ指付いて暮らします」って、いう約束付きだが・・・ムリ!!。

(それについては、この国の政治家たちから、票(欲しい物)獲得のための公約は守らなくていいって教わってるし~)。

それにしても、和服の値段、どうしてこんなに高いの~?

着物大好きの私だって、こんな思いがけない仕事が無かったら、着物一枚も買えませ~ん。

ところで、このPC、新品で買って、まだ一年半・・・なのに、昨日から調子悪~い。

キーボードのazcnの釦の作動(反応)が、やけに鈍いの~。

ちょっとした言葉で、イラチが爆発しそうなくらい時間がかかる・・・。

キーボード交換は¥45000だって、これって不良品に当たったの? 

で、昨夜ブロ友(勝手に友にしちゃった)の、《ashブログ》のashさんに相談。

彼が「USB対応の外付けキーボードで間に合うかも知れないよ」って教えてくれたから、今朝の電気店の開店を待って、一番乗り~。

新しいキーボードをインストールした途端、あんなに重くて反応が遅く、イライラさせられていた文章打ちが、スイスイ、スーダララッタ、スラスラスイスイスイ~♪

ashさんありがとう・・・¥1600で済んじゃった。 <(_ _)>

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 豆腐懐石【梅の花】で季節限定懐石 | トップページ | イクラの親戚丼 »