« やっと買えた、幻の鮫飯寿司 | トップページ | 七草粥 »

2008年1月 6日 (日)

“イチゴ煮”の炊き込み飯

青森から、年末に“いちご煮”などの缶詰がたくさん送られてきた。

基本味の“いちご煮”は、親しい方々にもお分けしたが、“いちご煮”ってご存知だろうか。

1433

苺の煮物・・・なんて想像したら、ジャムみたいで自慢のお手製でもない限り、紹介する意味が無い。

青森県南部Dsc02300地方には『いちご煮』という名物料理がある。

これは、海胆と鮑で仕立てた潮汁で、古くから、大事な客のもてなしに出した豪華な磯料理の一つだ。

最近は、海胆と帆立貝柱を一緒に煮たものや、海胆と螺貝を一緒に煮たものもある。

器に装うと、汁が薄っすらと朝靄のように見え、海胆がまるで靄に霞んだ野苺のように見える・・・それで、イチゴ煮の名が付いたそうだ。

何しろ、海胆と鮑の出汁だから、風味は爽やかにして濃厚。

八戸では、料理屋はもちろんのこと、回転寿司店にも置いてある・・・といっても、回っているわけではなく、別注文。値段は、料理屋なら最低1200円~だろうが、回転寿司店では6~800円前後。当然中の具は少ないが、それでも観光客には、一番人気らしい。

最近では、缶詰が重宝され、潮汁として食べるだけでなく、炊き込み飯にすると、贅沢な磯の香が広がって幸せな気分。Dsc03834

缶詰なら2人前で1200円くらいとリーズナブル。それでも、豊かな風味の出汁がたっぷりなので、出汁だけで2~3合の米が炊ける。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« やっと買えた、幻の鮫飯寿司 | トップページ | 七草粥 »