« ミツバとチーズの和え物 | トップページ | 鰯で精進落としの蒲焼風 »

2008年2月 2日 (土)

恵方巻き

昔は、立春の設定は正月を意識してされたという。

つまり、立春は元旦と通じ合うものだった。

だからいまでも、元旦の挨拶に「新春」とか「迎春」の慶語が使われる。

と言う事は、立春前夜=節分は、大晦日と通じていると言える訳で、いまでも、豆撒きを大晦日に行う神社や仏閣がある。

大晦日に豆を撒くのも、節分に豆を撒くのも、いずれも「災いを払って春を迎える」と言う行事だ。

旧暦は中国から伝わった暦だけに、日本の気候と合わずに生じる“ズレ”がある。

Photoそのズレを調整するために設けられたのが、24節気・72候。

節分とは、その節の分かれ目で、立春、立夏、立秋、立冬の前日は、いずれも“節分”なのだ。

その中で、立春前日の“節分”だけが、いまに伝えられるのも、それが大晦日的要素が強いからに他ならない。

長い冬が終わって、春に移る・・・そんな時期の期待と希望は、立春後に正月を迎えた旧暦時代と変わらず、喜ばしい行事として《節分祭》として受け継がれている。

節分の食と言えば、「鰯」、「豆」そして近年では「恵方巻き」。

恵方巻きは、極めて新しいことで、関西が発祥だと言われるが、いまや全国区になった感がある。

これは大阪の海苔問屋が、海苔の消費を増やすアイディア商法だったそうだが・・・。

今年の恵方は“南南東”だそうだが、太く巻いた海苔巻きを願い事を念じながら、無言で一息に食べる。

通常は、七福神に因んで7種の具を巻いた、“福を呼び込む・七種巻き”が恵方巻きの基本だという。

だが、巻き込む具は地域や店、家庭によってまちまちで、特に決まりは無いようだ。

今日は、所用で初台の《オペラ・シティ》に出かけたので、ついでにちょっと新宿まで足を伸ばした。

そこで、マグロ君【吉川水産 京王新宿店】を覗いてみる。

売り場は“恵方巻き”の山(?)・・・基本的な太巻きは¥380~、極太が¥980。

サラダ巻きや海鮮巻きというのもある。

特に縁起を担ぎたいわけも無く、美味しそうな方に目が行って、海鮮五種(鮪二種、鯛、鮭、青紫蘇・・・だっけ?)の太巻きを買った。 1572

こんな魚介たっぷりのぶっとい恵方巻きを、丸ごと一気に食べたら、私のような年配者はどんなことになるやら・・・。

で、丸齧り出来ずに切っちゃった~ (>_<)1574

夫は、私以上に縁起より“本鮪握り”がいいそうで・・・<(_ _)> (私のよりかなり高い!)

ご自分で巻き寿司を作られる方。

たまには切り口が花模様の海苔巻きはいかが?

でも、丸齧りするんじゃ、切り口は「そんなの関係ねぇ~」かなぁ。

タラコや鮭フレークを巻いた薔薇の花寿司と、カニカマやチーズを巻いた節約花寿司、ご参考までに。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« ミツバとチーズの和え物 | トップページ | 鰯で精進落としの蒲焼風 »