« 蕗の薹の天婦羅 | トップページ | 菜の花で二品 »

2008年2月 7日 (木)

今度は生のホッケ飯寿司

本日の東京多摩地区はsunsun

先の“ホッケ熟れ寿司”に次いで、今度は生のホッケを飯寿司にしたものが、親友J子さんから、“生フノリ”と一緒に送られて来た。

ホッケは鮮度が落ち易い魚なので、関東以南に生丸ごとで出回ることはほとんど無い。

Photo_126輸送手段が発達した昨今も、多くは現地で加工されてから出荷される。

ホッケの加工品はたくさんあり、干物は一番ポピュラーか。

焼きたての脂が滲み出た干物は逸品だ。

memo

218ホッケ身欠きの燻製はどうだろう。 軽く、本当にサッと焙って毟りながら食べる。

桜のチップの香りが香ばしく、身に含まれる若干の脂が甘さを感じさせる。

ワインもビールも、いくらでも進みそうだ。

memo

Photoホッケは、アイナメ科で、地味な体色をした40センチほどの魚。

生なら、フライやムニエルが一般的だ。

醤油味の漬け焼きも美味しい。 Photo

獲れたての鮮度のいいホッケは刺身でも美味しく、その味はヒラメにも匹敵する。

その美味しさは、ホッケを漢字で書くと分かるのだが、魚偏に花と書く字(魚花)がPCで出ない。

そんな美味しい生のホッケを飯寿司にしたものが、送られて来たのだ。

462今年は、“鮫の飯寿司”に始まり、“ホッケの熟れ寿司と、初めての珍味に付いていた。

今回の“生ホッケの飯寿司”は、初めて食べるものでは無いが、今回送ってもらって、十数年ぶりに味わうことが出来た。

ホッケ、加工の仕方でこんなに味わいの違う魚は、そうはないだろう。

どれもが美味しく、酒がすすむものばかり。

restaurant生ホッケの飯寿司1652

何とイヤミのない淡白な飯寿司だろう・・・鮭や鰊、ハタハタ、そして鮫など、いろんな飯寿司を味わったが、この、生ホッケ飯寿司も独特の旨味がある。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 蕗の薹の天婦羅 | トップページ | 菜の花で二品 »