« 海鼠は冬が旨い | トップページ | アサバガレイの煮付け »

2008年2月21日 (木)

新酒粕の飴“甘酒ソフト”

本日の東京多摩地区はsunsun

最近の流行だろうか、○○王子・・・crown

野球baseballでは斉藤君が「ハンカチ王子」、ゴルフgolfでは石川君が「はにかみ王子」・・・。

因みにマグロ君をれおぽんさんは“マグロ王子”と呼んでいるが(王子と言うには、ちょっとトウが立ってるかな~?)。

で、いま注目のテニスtennisの王子・錦織君は・・・メディアの一部が「テニス王子」なんて呼び始まったが~。

待てよ、ハンカチとはにかみ・・・その後がテニス??、もろじゃん~、芸が無い。

せめて「爽やか王子」とか、テニスをそのまま想像させない、彼の特徴を捉えたニックネームを付けてあげたらどうか。

皆様、どう思われるsign02

memopencil

2_13節分が終わると、日本酒bottleの新酒がいっせいに売り出される。

と言う事は、新しい、柔らかな、香りのいい酒粕が出ていると言うことだ。

酒粕は日本酒などのもろみを、圧搾した後に残る乳白色の固形物のこと。

酒米を醸造すると約25%ほどの酒粕が取り出される。

酒粕には、炭水化物、蛋白質、脂質、灰分などのほか、ペプチド、アミノ酸、ビタミンも含まれ、何より酵母(酒母)が含まれているので栄養的に優れている。

主に粕汁、粕漬けに使われる。

溶き伸ばして甘味をつけた“甘酒”もいいもの。

板粕なら、サッと焙って、黒砂糖を振って食べるのはとても美味しいものだ。

memopencil1723

北海道の銘酒【千歳鶴】の酒粕を使った、こんな飴がある。

“ロマンス製菓”という網走のメーカーが作っている《甘酒ソフト》だ。

飴と言っても、かつてのミルキーのような柔らかい噛み心地。

ほのかに酒の香りと、甘酒の味・・・美味しい。1730

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 海鼠は冬が旨い | トップページ | アサバガレイの煮付け »