« タイラギの刺し身 | トップページ | 浅蜊のチャウダー »

2008年2月11日 (月)

烏賊の寿司

本日の東京多摩地区はsunsun

memo

1648親友J子さんから送られてきた、私の大好物lovely

新鮮な烏賊にキャベツと、烏賊の足を詰めて、酢漬けにしたもの。

青森県は下北半島の特産品だ。

下北半島は、大間のマグロで有名だが、実は烏賊も名物なのだ。

烏賊様(いかさま)レース》なんていうイベントがあるくらいだ。

因みにこのレースは、水を張った長いプールに、獲れたての烏賊を数はい走らせ(泳がせ?)、horse馬券ならぬ烏賊券を売り出す。

その烏賊券の番号の烏賊が一着になると、券を買った人が、その烏賊を好きに料理して貰える・・・そんなイベント。

とにかく、町中が烏賊でもっている・・・fish 鮪ばかりじゃ無い下北も知ってほしい。

memo

下北では“烏賊の寿司”と言っているが、寿司と言っても烏賊の腹に入っているのは酢飯ではなく、キャベツやニンジンといった野菜の酢漬け。

これがさっぱりしていて、なかなかいける。

烏賊の中に詰まったキャベツが、ドイツの“ザワークラウト”を思わせる。

切り口は、花のようにキレイ~、で美味しい~。

restaurant下北名物・烏賊の寿司1651

いくらでも飲める~beer bottle wine

.

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« タイラギの刺し身 | トップページ | 浅蜊のチャウダー »