« 映画《母べぇ》を見て | トップページ | 自家製タレで焼き肉 »

2008年2月16日 (土)

北海蛸のカルパッチョ

本日の東京多摩地区はsuncloudcloud

memopencil

Photo_2 日本人は蛸が好きだ。

最も馴染みがあるのは真蛸だが、大きくて柔らかい水蛸というのがある。

地方名では北海蛸と呼ばれ、こちらの名のほうが通ってるようだ。

主な産地は北海道、青森、日本海側の、東北地方以北で漁獲される。

この水蛸は、世界最大とも言われ、大物になると全長3m、20kgにも及ぶそうだ。1712

そのため、丸ごと買うのは大変だと、市場では、足のみを生か茹でるかし、さらに切り分けて売られる。

太くて長い足は、一般小売では一本\1800~2300くらい。

真蛸に比べて身がやや水っぽい為、水蛸と名付けられたと言う。

日本で獲れる蛸の種類は約50種、中で食用にされる主なものは、マダコ、ミズダコ、テナガダコ、イイダコなど。

そんな蛸の中でも、一番馴染み深いのは、茹でると赤くなる真蛸だろう。

北海道の水蛸は、茹でてもそれほどは赤くならない。

memopencil

欧米人は蛸を悪魔の魚(devil fish)と呼んで毛嫌いする。

同じヨーロッパでも、地中海沿岸のスペインやイタリア、ギリシャでは食べられているが、それでも日本人の蛸好きには敵わないだろう。

日本人は、蛸を悪魔どころか、ユーモラスで愛嬌のある生物として、親しみを持って扱っている。

もちろん、時には“タコ入道”と呼ばれて、怪物扱いされる巨大なのもあるが、どちらかと言うと愛されている。

“蛸の八っさん”など、蛸好き日本人ならではのイメージだ。

江戸時代から、「オナゴの好きな、芋・蛸・南瓜(カボチャ)・蒟蒻・芝居」と謂われるが、女性に限らず“タコ・ファン”は多い。

蛸に多く含まれるアミノ酸の一種・タウリンは、コレステロールを下げ、血圧を正常にし、肝臓の機能を高めるといわれる。

memopencil

水蛸を、刺身で食したときのしなやかな歯触りは、真蛸以上ともいわれる。1670

刺身、酢の物などのほか、とくに“シャブシャブ”は美味しい。

米粒のような卵は『海藤花』と呼び、高級な吸い物種だ。塩漬けや醤油漬けで保存もされる。

restaurant北海蛸のカルパッチョDsc01305

オリーブ油とおろしニンニク、塩・胡椒で。

白髪葱を添えた。

fish水蛸のことをもっと知りたい方は「世の中のうまい話」のマグロ君を訪ねて~。

.

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 映画《母べぇ》を見て | トップページ | 自家製タレで焼き肉 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ