« ツマミに最適なスナック二種 | トップページ | 公魚の天婦羅 »

2008年2月29日 (金)

タラの芽の天婦羅

本日の東京多摩地区はsunsun

memopencil

タラノキは学名 Aralia elata、漢字では楤の木と書く。

Photo_3新芽を「たらの芽」「タランボ」といい、食用にされる。

『たらの芽を食べると、鹿の角もげる』という諺がある。

鹿がタラの芽を食べたからと言って、角がもげる・・・なんてことは無い。

ただ、タラの芽が美味しくて、鹿が好んで食べる時季は、牡鹿の角が抜け落ちる時期と重なるので、昔はそういわれ“自然暦”になっていたのだろう。

memopencil

タラの木は、ウコギ科の落葉低木樹で、山林に生えている棘の多い木。

その新芽は、脂肪分を含むほか、蛋白質やビタミンB2なども豊富な、珍しい山菜で、栄養に富んで味がいいため“山菜の王様”と呼ばれる。

かつては山間部の村には、「タラの芽一つ摘み取るは、坊主千人の首を斬るに等しい罪悪」という言い伝えがあった。

これは、枝一本の先に一個の芽しか萌(ふ)かないので、それを摘み取ることは木を殺すこと・・・首を斬ると同じ殺生だと、採り過ぎを戒めていたのだ。

独活にも似た香気と、独特の舌触りで人気があるので、近年は温室栽培が広まっている。

栽培の普及のおかげで、スーパーマーケットなどで初春から販売されているが、鮮度のいいものが、かなり長期間楽しめる。

memopencil

アクがないので、すぐにそのまま調理できる。

お浸しや和え物もいいが、天婦羅等にすると美味しい。

木は、夏に小さな白い花を放射状にたくさん咲かせ、秋には黒い実がなる。

樹皮は民間薬として健胃、強壮、強精作用があり、糖尿病にもよいとされる。

また、芽を食べることでも、同じような効果が期待できると言われている。

根皮も生薬として、糖尿病に用いられるそうだ。

restaurantたらの芽の天婦羅1551

蕗の薹(フキノトウ)の天婦羅同様、薄めの衣を付けて、低めの油で揚げる。

1576 天婦羅は定番だが、小さな芽なら和え物にしてもいい。

茹でて、細かく切って、胡麻和えにしてみたが・・・。

胡桃和え、味噌和え、白和えなどいずれも美味しい。

.

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« ツマミに最適なスナック二種 | トップページ | 公魚の天婦羅 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ