« 新酒粕の飴“甘酒ソフト” | トップページ | 春菊と肉団子のスープ »

2008年2月22日 (金)

アサバガレイの煮付け

本日の東京多摩地区はsunsun

memoclover

1618アサバガレイの切り身がたくさん出ている。

冬から春にかけての入荷が多いカレイだ。

関東では惣菜用として、お手頃価格で出るので、カレイといえば“アサバ”と思っている人も多い。

市場にはこのように、頭を落とした切り身で出ることが多いが、真子も美味しいので、人気がある。

煮付けや塩焼きで食べるのが一般的。

卵がたっぷり入ったのはいかにも美味しそうだ。

memopencil

漢字では浅羽鰈。

学名 Pleuronectes mochigarei、英名 Dusky sole 。

体長40cm ほどで、太平洋北西部、オホーツク海南部から朝鮮半島に分布。

日本では本州北部の沿岸にかけて獲れる。

Photo_2真子鰈や真鰈に良く似ている。

違いを見分けるのは、側線が湾曲して、頭の後ろから、背鰭の基底にかけて側線分枝があること。

また、頬部が丸い鱗に覆われていることなど。

口は小さく、歯は犬歯状。

鰈の見分けは本当に難しい・・・が、美味しきゃOKってことで。

restaurantアサバガレイの煮付け1619

残り汁を冷蔵庫に入れておくと、翌朝には煮凝りになっているのが嬉しい。

.

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 新酒粕の飴“甘酒ソフト” | トップページ | 春菊と肉団子のスープ »