« モーカザメの味噌煮 | トップページ | 恵方巻き »

2008年2月 1日 (金)

ミツバとチーズの和え物

Photo_229 正月は“三つ葉(とくに切り三つ葉・糸三つ葉)”の消費がグ~ンと増える。

雑煮や茶碗蒸し、吸い物や煮物に、卵とじ、また雑炊に“三つ葉”を使うと、香りが良く料理のグレードも上がる。

正月が過ぎ、二月に入ると三つ葉の値も安定し、買いやすくなる。

“三つ葉”の学名は「クリプトニア・ジャポニカ」、そう日本の野菜なのだ。

独特の香りも、成分名はそのまま「ミツバエン」と。

古くから日本に自生していた野菜だが、栽培を始めたのは江戸時代中期以降からという。

Dsc03561春先には、胡麻和えやお浸しに使う“根三つ葉”が出回り、安い野菜とは言えないが特有の香りとシャキッとした歯触りで好評だ。

それとは別に、一般的には薬味用のものが売れている。

細くて茎も青い“糸三つ葉”と、根株から茎が軟白した“切り三つ葉”ともに、瑞々しい色彩と風味が料理の格を上げて、和食には欠かせない野菜だ。 

“三つ葉”の組織は軟らかいので、食べる直前にパッと入れ、すぐ食べるのがいいようだ。

糸三つ葉をつかった、簡単で、栄養的にもいい一品を。

ミツバとチーズの和え物(2人分)1557

  1. ミツバ(1束)は、サッと茹でて水に取り、水気を絞って2~3cmの長さに切る。
  2. プロセスチーズ(50g)は、5mm角くらいの細い棒状に切る。
  3. 醤油・味醂・出汁(各大1/2)に練り芥子少々を混ぜた和え衣を作る。
  4. 1と2を3で混ぜ和える。

栄養的には、カルシウムやリンなどの無機質、ビタミンA・Cが豊富だが、多量に食べるものでは無いので、期待しない方がいいかも。

香りが失せ易いので、少量づつ買うのが、結局は得なようだ。

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« モーカザメの味噌煮 | トップページ | 恵方巻き »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ