« 雛の節句・菱餅ならぬ菱寿司 | トップページ | 苺のドラ焼き »

2008年3月 3日 (月)

雛の節句は貝祭り

本日の東京多摩地区はsuncloud

memotulip

昨夜は「雛祭りイヴ」と言うことで“菱寿司”にしたが、今日が雛の節句だ。1430

雛祭りに付き物は、貝の料理だ。

赤貝、浅蜊、平貝、鳥貝、青柳・・・そして蛤。Photo_180

とくに蛤は、幾千万個集めても、元の一対でなければ決してピッタリ合わない・・・その神秘性が一夫一婦の鑑とされた。

平安時代の貴族の姫たちが、たくさんの貝殻から合う一対を探し出す【貝あわせ】という遊びに興じたのも、蛤の特性を知ってのこと。

この特性で、蛤は婚礼の席に使われることが多い。

雛祭りは、お内裏様の婚礼とも言われる。

そこで蛤が雛の節供に使われることが多いのだ。

memopencil

古い貝塚から出土する貝殻の中でも、蛤は圧倒的に多いことから、古代から親しまれた貝だと分かる。

蛤は、3~4月が旬なので、その点からも春の祝いの膳には“吸い物”として出される。

薄い塩味が蛤の美味しさを一番良く引き出すそうで、吸い物のほか“酒蒸し”などでも、薄塩味が本格的で、醤油は使わないものだ。

殻焼き、ヌタ、浜鍋やクリーム煮などにもする。

砂出しは、海水程度の塩水に金気の物を入れて一晩置く。

真水では殻を開けず砂を吐かない。

因みに、砂を吐かせた蛤や浅蜊は水を切り、殻付きのまま密封パックで冷凍できる。

使う時は、凍ったまま熱湯に入れると殻を開ける。

restaurantハマグリの吸い物Photo

蛤は一人2個使用、火を通したあと身は殻から外し、1個分の殻に並べて入れると見た目も良く食べやすい。

蛤の名は形が栗に似ていて、まるで「浜の栗」のようだと・・・シンプルな造形の美だ。

蛤のことをもっと知りたかったら、「世の中のうまい話」のマグロ君を訪ねて~。

.

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 雛の節句・菱餅ならぬ菱寿司 | トップページ | 苺のドラ焼き »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ