« 水菜とスモークサーモンのサラダ | トップページ | 葱の種類 »

2008年3月28日 (金)

大根のスモークサーモン炒め

本日の東京多摩地区はsunsunrain、我が家の周辺のcherryblossomがほぼ満開に。

花粉症なんて引っ込んでもいられず、花に誘われふらりと・・・。Photo

memopencil

Dsc03397当たり役に恵まれない役者を『大根役者』だとか、太めの足を『大根足』だとか・・・。

“大根”は素晴らしい野菜なのに、どうやらその価値が認識されていないようだ。

日本人と大根との付き合いは古く、各地に大根に纏わる伝承話や祭事が残っている。

大根の古名は「淤富泥(おほね)」、大きい根の意だ。

正月・七草に使われる“スズシロ”が大根のことだというのは知られている。

また“鏡草”という別名もあった。これは、大根が神供に用いられた名残でもある。

古代では、白いものは貴重で尊ばれた。

現代では、紙でも布でも白いものは身の回りにいくらでもある。純白だって用意に手に入る(純白を人の心に求めるのは難しいが・・・)。

しかし、古代では、雲・花・雪などの自然以外に、白いものは手に入り難かったのだ。まして純白は。

白が純潔・高潔のしるしと、重視されていた時代だから、大根の白さは神に供えるものとしても最適だったのだ。

memopencil

関東では、美濃早生に代わり、練馬大根系の尻細、理想、秋詰まりが出回っているが、11月末になると都大根が、12月中旬には三浦大根が出てくる。

練馬系の大根は、煮物に適し、三浦系の大根は漬物に適した品種だ。

中部地方には、宮重大根系の総太、白首、青首などがあり、関西地方には白上がり京大根、和歌山大根、横門大根などの他、聖護院大根もある。

また、一般的には冬の大根は総じて甘味が出るのだが、ピリッとした辛味が増す小振りの鏡大根(別名・辛味大根)は、下ろして天婦羅やちり鍋、麺類の薬味にすると美味しさを引き立てる。

memopencil

いまでは、年中店頭にあるため、あまり有り難味を感じない野菜になっているが、大根が無ければ美味しさ半減・魅力半減の料理は多い。

大根おろしや刺身のツマばかりか、蛸を煮る前の下拵えや、牡蠣の汚れ落としなど裏方としての役割も素晴らしい。タクアンの無い食事は「寂しい」って言うひとだって大勢いる。

脇役ばかりか、風呂吹き大根、鰤大根、船場汁、おでんなど、主役や準主役だってバッチリ。

葉付きで買ったら、葉は刻んで油炒め、塩揉みして菜飯にも。大根の皮のキンピラだって歯応えが良く美味しい。

大根には、消化を助けるジアスターゼも豊富。

捨てるところが無く、ヘルシーな大根。

こんな変った炒めものにしても美味しいよ~!!

restaurant大根のスモークサーモン炒め(2人分)1601

  1. 大根(8cm)は4cm長さに切り、縦に6~8の櫛切りをして、面取りするように皮を剥く。
  2. 1620フライパンにバターを熱し、弱火で1を炒め、軽く焦げ色が付いたら、酒(大1)を振り、蓋をして中火で4~5分蒸し煮する。
  3. 蓋を取ったら、強火にして水分を飛ばし、一口大に切ったスモークサーモン(50g)を加え、塩・胡椒で味を整えて、サッと炒め合わせる。
  4. 器に盛ったら、クレソンを飾る。

※温サラダ風で、美味しい・・・ワインに合うよ~。

.

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 水菜とスモークサーモンのサラダ | トップページ | 葱の種類 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ