« 白ミル貝と絹サヤのマリネ | トップページ | 静岡でのオフ会(2日目) »

2008年4月19日 (土)

静岡でのオフ会(1日目)

本日の東京多摩地区は

ブログを通じて親しくなり、何度かオフ会も開いているメンバーで、みんなの憧れ(カリスマ的)「ナベショーのシニアライフ」のナベショーさんのお宅を訪問することになった。

私は、ブログ開設初日からコメント交換をさせていただいているので、ナベショーさんとは2年2ヶ月のお付き合い。

茶畑、野菜畑、花や果樹のお庭、そして養蜂に男料理、時には登山や旅行など、ナベショーさんのブログは盛りだくさん。1929 1931 1930

定年前は化学者だっただけに、知識の豊富さ、お人柄の大らかさ、記事の多様さ・・・人気があるのは当然だ。

2年余もブログに訪問するうちに、ナベショーさんの季節サイクルが見えてきた。

一昨年も、昨年も、この時期には、筍の生長する時期には、食べるのが追いつかないほど・・・とか、蹴飛ばして折らないとすぐ伸びて大変・・・とか、書いていらした。

では、筍を頂きに行きましょう・・・ということで、ご相談したら快くお受けいただいたのだ。

お誘いしたメンバーは、ムシコさんとれおぽんさん。

1909ナベショーさんとの日時を調整して、いざ~。

女性たち3人は、新幹線「こだま」で静岡へ、そこで昼食を食べたが、それは明日の昼食と同時に書く。

昼食後は在来線に乗り換えて西焼津へ。

天気予報が見事に的中(こんな時は外れてもいいのに~)、静岡から先はずっと雨空。

1973駅まで車で迎えに来ていただいたので、まずお宅にご案内いただき、奥様にご挨拶して、荷物などを置いて、ナベショーさん御用達「福一焼津流通センター」に鮮魚の調達に(今夜のご馳走が楽しみ~)。

それから茶畑を見学し、竹林で筍掘り。

雨で滑る急斜面だったが、何とか10本ほどGET・・・。

で、気が付いたが、私は急斜面を上れずに、下から見上げていたのだが、下から見てると筍の頭の小さな緑の部分が、周囲の枯葉などと不似合いに目に付いた。

結果、半分以上は私が発見し、「もっと右だ、ちょっと左下だ」と叫びつつ、ナベショーさんに掘っていただいたのだ。

掘ってきた筍は、すぐに茹でられ、途中で採って来たナベショー畑の野菜、芹やクレソン、そして福一で買った大きな金目鯛と行者ニンニクなどは、以下の料理に仕上げられた。19341935

金目鯛の刺身1937

金目鯛の粗煮(&お吸い物)1951 1956 

筍と蛍烏賊の木の芽味噌和え&筍と若布、ゼンマイの煮物1950 1944 

ゼンマイと油揚げの炒め物&芹のゴマ和え(写真なし)&行者ニンニクの酢味噌和え19401945

クレソンやブロッコリーなどのサラダ1938

桜海老、蛍烏賊、お茶の新芽のそれぞれの掻き揚げ1952_2

エテガレイとニギスの干物&掘り立て茹で立ての筍刺身19611959

デザートは、ナベショーさんご自慢ヤマモモのムース1962

どうですか!

豪華な食卓、これらの料理を囲んで、盛り上がったのなんのって・・・姦しい3人女性陣は、重い腰を上げて名残惜しくナベショー家をあとにしたのだ。

でもって、テンションアップのまま、私の部屋に集まって、深夜の二次会。

なんと解散は午前2時半(さっさと寝ろ!、って声が聞こえそう~)

では、また明日・・・お休みなさい. (-_-)zzz

.

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 白ミル貝と絹サヤのマリネ | トップページ | 静岡でのオフ会(2日目) »