« 洋食の歴史(2)・コロッケ | トップページ | 黒豆で煮豆とおこわ »

2008年5月 3日 (土)

洋食の歴史(3)・カレーライス

一昨日から、日本独自の味として親しまれる《洋食》を幾つか取り上げている。

今日はその第三話、みんなが大好きなカレー

文明開化がもたらした《洋食》、ハイカラといわれた懐かしい味のルーツは

意外な発展で、すっかり日本の定食になった《洋食》の歴史。

.

その3・カリーからカレーに華麗な変身854

(↑野菜たっぷりのビーフカレー)

洋食の中で、常に人気トップの座はカレーだろう。

昭和57年に小・中学校給食史上初の試み、「全国一斉統一献立」が実施され、その時に選ばれたのがカレーライス。

その理由は・・・簡単明快“人気抜群”だから

さて、日本のカレーで馴染み深いのは、今では“ルゥ”だが元はカレー粉。

カレー粉はカリー・パウダー(英)またはカリー・アン・プードル(仏)と呼ばれる調合粉のこと。

カリーと言うのは、北インドのタミール語でカリ(煮汁=ソースの意)からきている。

もともとのカリは、潰した玉葱、ニンニク、生姜などと多種類の香辛料を合わせて、ギー(水牛のバター)で1時間以上炒めるものだ。

準備から仕上げまでに、繁雑な作業が長時間続くので、インドから本国に戻ったイギリス人たちは、インドで食べたカリの味を忘れかねても、とても自分で作れずにいたのだ。

そこでエドモンド・クロースとトーマス・ブラックウェルの両名が、カレー粉製造会社《C&B社》を設立。

簡単にカリ(もどき)が作れる調合カレー粉を売り出し大ヒット。

このカレー粉はフランスでも評判になり、「カリ・オー・リー」という、今のカレーライスの原型になる料理を生み出した。

日本には、明治初期に渡来し、明治5年出版の『西洋料理指南』や『西洋料理通』に作り方が紹介された。

ただし、この当時はカレーライスとは呼ばず、ライスカレーと言っていたが、その名付け親は“少年よ大志を抱け”の名文句を残したクラーク博士という。

さて、このライスカレーは急速に日本的変化をみせ、醤油や出汁、粘性を出すための小麦粉、少ない肉で具沢山にとジャガ芋や人参・・・やがては、卵やコロッケ、トンカツなどを乗せるまでに発展する。

インド風から西洋風、和風昔カレー和風ドライカレー、スープカレー・・・カレーはまだ発展途上かも。642 640_2

庶民の間に普及したライスカレーを、レストランの花形メニューにしたのは昭和に入ってから。

新宿・中村屋や、銀座・資生堂パーラーなどが、「カリ・アンド・ライス」として、ご飯とカレーを別盛りにしたのが大うけした。

これがカレーライスの登場になるが、銭湯の入浴料が五銭の当時に、カレーライスは一皿五十銭だったというが、それでも大好評だったというから恐れ入りやの・・・だ。

家庭用の即席ルゥやレトルトパックの向上で、日本のカレーライスは本場のカリとは、かなり別のものになっていくが・・・。818

 

(↑珍しい、ダチョウ肉のレトルトパック・カレー)804_2

.

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« 洋食の歴史(2)・コロッケ | トップページ | 黒豆で煮豆とおこわ »

応援してね!

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ