« セロリと湯引き鶏の刺し身風 | トップページ | ご心配おかけしました »

2008年5月27日 (火)

蟹缶で炊き込みご飯

1222

去年のお中元に(お歳暮じゃないんだよ)いただいたタラバガニの蟹缶の5個セット。

まだ1缶残っていた・・・缶詰は3年は保つからいいんだけど。

それを使って、今日の昼は簡単な「蟹炊き込み飯」にした。

明朝からの検査で、今夜から絶食(食べるのは我慢できるけど、飲むのはどうかな~?)

因みに、呑ん兵衛は麻酔が効きにくい・・・過去に呑んできた量で、麻酔の効きが違う。

呑んできた報いで、苦しみが倍増するよ~shock

memopencil

日本で、缶詰の本格生産が始まったのは1877年10月10日のことで、この日は現在「缶詰の日」として制定されている。

石狩川河口に「開拓使石狩罐詰所」(官営工場)が開設され、石狩川で獲れた50尾の鮭を使って缶詰の生産を開始したのが最初。

アメリカから、二名の技術者を招いて技術指導や製造を行ったそうだが、前準備にはクラーク博士も加わったと言われる。

このころ(明治時代)には道内本土や国後択捉などで、鹿肉缶詰工場、ホッカイシマエビ缶詰工場なんかもあったとされるが、当時は缶詰の値段は高くて高級品だったため、主に輸出向けだった。

memopencil

しかし、その鮭缶詰も根室近海のサケマス漁の不振で衰退。

そこで別の原材料として、択捉島や国後島近海で多く獲れてはいたが、ほとんど廃棄(いまなら考えられないね~)されてきた蟹に注目。

1904年、和泉庄蔵と碓氷勝三郎が国後島で国内初の蟹缶詰を生産。

蟹独特の身の酸化問題を解決(現在もその応用が用いられている)出来たので、翌年から本格生産に入った。

この蟹缶詰工場は飛躍的に発展し、明治末期までに約50のタラバガニ缶詰工場があったといわれる。

それらの工場は、根室地方(千島を含む)と国後島にその半数が集まっていた。

大正時代には全国の約7割の缶詰は北海道地方で生産されていたという。


memopencil

これだけ工場が増えて、缶詰生産が伸びたために登場したのが「蟹工船」だ。

これは長い航海に出かけ、蟹を漁獲し缶詰にするまでの一連の作業を行う、1921年から1943年まであった海に浮かぶ蟹缶詰製造工場。

地獄船と揶揄されてきたその過酷な労働は、プロレタリア文学の代表作家、小林多喜二の「蟹工船」に詳しく掲載され映像化もされた。

船体は病院船など古い船が再活用されており、川崎船という小型船を数隻積載、当初は、オホーツク海や北方領土、1923年からはカムチャッカでも操業されるようになった。

そして戦後、漁場や缶詰工場のほとんどが北方領土にあり、その領土を失ったことが大きな痛手となり、漁獲量は減少、根室にわずか5工場を数えるだけになってしまった。

memopencil

その後、北方領土の海域に入って操業する船も多くなり、戦後10年後には缶詰工場も30工場にまで増加。

しかし再び、1977年の200海里漁業水域によって、タラバガニ漁業は大きく衰退、蟹缶詰工場での蟹缶詰生産最盛期は終わりを迎えた。

現代では、缶詰の歴史でも古くからある鮭・蟹のほか、サンマなどの水産缶詰が道内で生産され、ほかに観光地で見かける鹿・熊・トドといった缶詰まで出回っている。

.

memorestaurant蟹缶で炊き込みご飯1908

使ったのが節肉の缶詰だったので、飾り用に脚肉の一部を残して、缶汁ごと使った。1907 1902

1905米ともち米(各270cc=合わせて3合)を洗って、缶汁と酒・薄口醤油(各大1)を入れ、おこわの規定分量まで水を加え炊き上げる。

上下をさっくり混ぜ返し、器に盛ったら、別に取り残しておいた脚肉を飾る。

刻み海苔や胡麻などトッピングしてもいい。

.

crown富士通のAzbyClubで「プラチナブロに選ばれていますhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« セロリと湯引き鶏の刺し身風 | トップページ | ご心配おかけしました »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ