« ゴーヤと切り昆布の炒めもの | トップページ | 茗荷の香りのキャベツ巻き漬け »

2008年5月 8日 (木)

夫の誘いで【ちよだ】リピート

夫が「あなたの誕生日を【ちよだ】でやり直しましょう」と言い出した。

5日の誕生日には娘夫婦と息子夫婦、孫たちが来て祝ってくれたのだから、もうそれで終わったつもりだったが・・・。

「料理を作ったり、孫たちの“こどもの日”のプレゼントも作ったり、あなたがゆっくり出来なかったようだからね。

でも、本当は、あなたがオフ会で行った時の写真を見て、私も行きたくなったんです」。

・・・だよね~、夫から誘うなんて珍しすぎるもの。

そこで、私は、取って置きの和服なんざぁ着込んでお供(なにしろ、夫は和服大好き・・・というか、和服でお酌するCMに憧れているだけなんだけど~)。

memopencil

実は、先日、ムシコさんと永山でランチをしながら話していてちょっとした奇遇が分かった。

【ちよだ】は、オフ会でムシコさんが紹介した割烹で、いまは調布にある。1839

しかし、数年前まで永山の駅ビルにあり、私たちが多摩に引っ越してきた当初、「いい店があるね」と、何度か通った店だったのだ。

この辺で、いい河豚料理を出すのも嬉しく、冬は河豚鍋を食べに行っていたのだ。

その店だと聞いたから、夫は余計に行ってみたくなったんだと思う。

そして、この夜の酒と肴は~。

.

restaurant突き出しと「まずはビール!」2082

なんで、酒席では「まずはビールで」なんて言うんだろう。

「とりあえずビール」って言う人もいるよね~。

ビールに失礼じゃん・・・と屁理屈言いつつ、まずビール(ここはエビスだよ)。

突き出しは、平目細切りと韮、若布のヌタ。

restaurant新筍と蛸の木の芽和え2086

ちょっとピント外れだけど、マグロ君の口癖を借りて「許せ!」。

そして、残念ながら、夫が楽しみにしていた「鯨のサエズリ」は入荷無しcrying

.

で、夫はもう一杯ビールbeer、私は「チーちゃん推薦“浦霞 bottle

仙台時代によく呑んだ酒 、その酒の次は焼酎「吉兆宝山」など・・・など・・・など。2091_220922088_22087

restaurant季節の魚の刺身盛り合わせ 

左から、湯引き鱧、あおり烏賊、初鰹、タイラギ、鯛。20842083.

restaurant私の薦めた牛筋の土手焼き2085

この西京味噌と、トッピングのチーズが絶妙に美味しさを演出する。

restaurant桜海老の掻き揚げ2090

大きいのにカラッと揚がっていて、風味も食感も満点。

このあたりまでに、かなり呑んでいるので、酔いが~。

restaurant飯蛸の旨煮2089

ピントが合ってな~いshock

restaurantここからは旬を狙って、まずサザエ刺身2095

美味しいことはちゃんと分かるのに、ピントが~「許せ×2!」(マグロ君も許せ!

この先は、ピントが合わないどころか、写す前に箸を付けて・・・料理が半分無~い。

restaurant本鮪の山かけ2098 

トロロが長いもじゃなく大和芋。

restaurant岩牡蠣の刺身2100

酢橘を搾って、あまりの旨さに、舌も頭もトロ~リ・・・1/3ほどしか残ってない。

かなり酒も進んだことだし、〆に名物料理を食べて帰る。

restaurant蓮根まんじゅう2096

蓮根を摺りおろして、海老や銀杏を入れて丸めて揚げ、餡かけしたもの。

改めて並べて見ると、ずいぶん食べた・・・満腹感が再び~。

.

後半の写真、ピント外れでお見苦しかったこと、深謝

.

《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30 人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ

« ゴーヤと切り昆布の炒めもの | トップページ | 茗荷の香りのキャベツ巻き漬け »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ