« ご心配おかけしました | トップページ | 親子丼と吉野汁 »

2008年6月 6日 (金)

刺身風蒸し鶏

chick今日から数日は、鶏にまつわる話や食文化について。

日本で最初の鶏は・・・??、今回は、その鶏の話しを。

Dsc03794日本で最初に記述された鶏は、『古事記』にある「常世の長鳴鳥(とこよのながなきどり)」といわれる。

.

bookpen

ものすご~い大昔、アマテラスオオミカミが天の岩戸に籠もって世界が暗闇に包まれた・・・という話はご存知だろう。

お偉いさんたちは困惑し「常世の長鳴鳥を集えて鳴かしめ」と命令&号令。

因みに、“常世(とこよ)”とは東南アジアの熱帯地方・常春の理想郷とされた・鶏の原産国

天の香具山から榊を掘ってきて、これに勾玉や鏡などを下げ、岩戸の前に掲げて、アメノウズメノミコトが踊った。

その踊りがあまりにエロティックで、周りの神々は大笑い・・・その爆笑が気になって、アマテラスオオミカミが天の岩戸を開け、世界に光が戻った。

この集められた「常世の長鳴鳥」が鶏のことだといわれている。

暗闇の中で、無理やり鳴かせて夜を明けさせようとしたのだが、鶏がすでに時を告げる鳥として珍重されていたことが分かる。

ただ、話しの流れから見るに、アマテラスオオミカミは鶏の鳴き声ではなく、神々の騒々しい笑いに気を引かれたのだから、神といえど人間臭くて面白いことだ。

.

memopencil

時計の無い時代に、夜明けを知らせる雄鶏の泣き声は重要だった。

広い宮中では夜明けを知らせ周る役人を「鶏人(にわとりびと)」と呼んでいたそうだ。

もっと古い時代の鶏の鳴き声は「コケコッコー」ではなく、「カケ」とか「カケロ」だったと『万葉集』や『催馬楽』にあり、鶏もカケと呼ばれていたらしい。

因みに、鶏の鳴き声は万国共通だろうか?

  • 英、米国=コッカードゥードゥルドゥー
  • フランス=コクリコ or ココリコ
  • ドイツ=キケリキー
  • ロシア=クカレクー
  • タイ=エーク・イー・エーク・エック
  • 韓国=コキョオー

どうだろう、違うようで似ている?・・・似ているようで違う?

.

memorestaurant刺身風蒸し鶏1492

鶏をシンプルに美味しく味わうなら、蒸し鶏を刺身風に食べるのが一番。

ポン酢にもみじおろし、ゴマ醤油などあまりくせのないタレで食べるのが、鶏本来の甘みが味わえる。

.

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« ご心配おかけしました | トップページ | 親子丼と吉野汁 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ