« 奥多摩の鮎も、明日解禁! | トップページ | 韓国の「参鶏湯」 »

2008年6月15日 (日)

豆鯵の南蛮漬け

味がいいから“”?。Photo_412

さて、紫陽花の季節になると、魚のて良くなる。

駄洒落のようだが本当の話。

通年変わらない味のようだが、日本近海の鯵は、6~8月が美味しい時季。

かつては鰯と並んで大衆魚の代表だったが、近海物はいまや庶民の味方では無くなりつつある。

・・・安くて美味しく、栄養のある魚の近海漁獲が激減している。

鯵は、オランダ近海・ドーバー海峡・台湾近海などからの輸入が急増。

とくに、干物に加工する真鯵や室鯵のような大型の鯵は大半が輸入だ。

.

memopencil

Photoと、ここまでは成長した鯵の話しだが、いまの時季だからこそ食べたいのは小さな幼魚=豆鯵だ。

豆鯵は真鯵の中でも、手のひらサイズ以内のものを呼ぶ。

地方によっては、ジンダ(ジンダコ)、トーマゴなどと呼ぶこともある。

養殖魚の餌として利用されることが多いのだが、鮮魚として充分に食べられる。

こんな小さな鯵こそ、丸ごと揚げて南蛮酢かマリネ酢に漬けて味わいたい(*^^)v

ほかにも、素揚げや唐揚げ、天ぷら、すり身などで食べると、頭から骨まで食べられる。

近海物が少なくなり、高級魚の仲間入りしつつある鯵だけに、近海物の豆鯵は価格的にもお勧め~。

小さいので、邪魔なゼイゴも取らなくていい。

鰓を指で摘まんで、カマ下の鰭ごと腹の方に引くと、内臓が抜ける。

面倒なら、魚屋に下処理を頼めばOKだし、気にしなければ、内臓ごと揚げても大丈夫。

.

memorestaurant豆鯵の南蛮漬け

Photo_7

  1. 豆鰺(6尾)は両面に塩・胡椒して、薄く小麦粉を塗す。
  2. 葱、人参、筍などを千切りにして、炒めておく。
  3. 醤油(大1.5)酢(大1)に、2を加える。
  4. 175℃の揚げ油で、1をカリッと揚げ、すぐに3に漬ける。

.

hospital 明日は退院後10日目の検診、検査ほど気負って行くことはないけど、検診でも病院は億劫・・・hospital 嫌い~weep

.

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 奥多摩の鮎も、明日解禁! | トップページ | 韓国の「参鶏湯」 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ