« 土用に鰻 | トップページ | ナスのトマトマリネ »

2008年7月24日 (木)

オクラとモヤシ・人参でタイ風炒め

688 オクラは黄蜀葵と書く。

芙蓉やハイビスカスと同じ葵科で、黄蜀葵はトロロアオイのこと。

別名を陸蓮根と言うのは、粘りからだろう。

オクラは西アフリカ黄金海岸での呼び名で、そこから広まったと言われる。

和名はアメリカネリで、日本にはアメリカから入ったようだ。758

(↑普通のオクラ、→日本の長オクラ)

.

早朝に咲いた花は、昼にはもう萎み、莢が出来る。

翌日の夕方にはもう収穫出来るそうだ。

完熟した種子は、煎ると珈琲の代用品になる。タンポポの根よりはそれっぽい。

お浸し、酢の物、和え物、サラダ、汁の実、山掛け・・・茹でるだけでなく、焼いても、炒めても、揚げても美味しい。

刻んで麺の薬味、魚介と山葵醤油・・・塩雲丹と和えると酒肴にバッチリ。

ネバネバ人気で、長芋や納豆、ナメコなどネバネバ食品を組み合わせるのが好まれている。

新しいオクラは、産毛がピンとして、緑色が鮮やかなら生で使える。

茹でて刻む時は、丸のままサッと茹でてからヘタを落とし、刻んだ方が粘りが強い。

.

memorestaurantオクラとモヤシ・人参のタイ風炒め(2人分)2281

  1. オクラ(5本)は塩で産毛をこすり落として洗い、ヘタの硬い部分を削り取って斜め半分に切る。
  2. モヤシ(100g)は洗ってひげ根をちぎり取り、人参(1/2本)は長さ4~5cm、幅1cmくらいに薄い短冊切りする。
  3. 鶏腿肉(100g)は皮と脂を除いて小さめの一口大に切り、塩・胡椒を振っておく。
  4. 2282 鍋にサラダ油(大1)と赤唐辛子の輪切り少量を入れて、中火で熱し3を炒め、ほぼ火が通ったら、野菜類を全部加えて、野菜に油が回ったら酒を少し振って火を通す。
  5. ナンプラー(大1)、塩・胡椒各少々で調味、手早く炒めて皿に盛る。

オクラやモヤシはすぐに火が通るので、人参も薄く切っておけば一緒に鍋に入れてもいい。

.

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 土用に鰻 | トップページ | ナスのトマトマリネ »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ