« ニラレバ炒め | トップページ | 小江戸・川越に鰻求めて »

2008年8月 2日 (土)

青森ねぶた始まる

8月の2~7日、青森は東北最大の祭り《ねぶた》で賑わう。

この5日間の観光客だけで380万人を超えるというからビックリ。Photo

.

ねぶたは大きな張子を組み立てたようなものだが、それ1台の製作・運行には2千万円以上の費用がかかる。

そんな壮大なものが、例年22~25台は作られるという。Dsc01279Dsc01280Dsc01281

この着色前の頭の大きさはどうだ、かなり体格のいい婦人が小柄に見える(見えない?)。

『ねぶた』は、元々は七夕祭りだったという。

だるさを覚える、暑い日の眠気を、川や海に“眠(ねぶり)流し”として流し、精を出して働こう・・・そんな風習。

.Dsc01887

起源には諸説あるが、津軽藩祖・為信が文禄年間に作らせた大灯篭から、との説。

平安時代に、坂上田村麻呂が蝦夷征伐で使った、兵を隠し敵をおびき寄せた大人形から、との説など。

とくに後者の説には、ネブタの違いにも触れている。

大きな扇型武者絵灯篭を、勇ましい掛声で引き歩く『弘前ねぷた』(←)は出陣。

.

Photo_4超大型組み人形灯篭を引き回し、周囲を踊り跳ねて練り歩く『青森ねぶた』(→)は凱旋を意味するといわれる。

それだけに、付き物の太鼓や笛の囃しも、弘前は豪壮に格調高く、青森は賑やかで華やかだ。

青森のネブタ囃しは浮き立つリズム感が、サンバにも似て、海外のカーニバルでも大人気。

.

Photo_2この他にも、天を突くほど巨大で、独特の威勢のいいお囃子や掛け声の『五所川原立佞武多(たちねぶた)』(←)は、高さが22メートル・重量は17トンというから、青森ねぶたにも負けない迫力だ。

.

この時期の青森は、美味しい物たくさんだが、行きたい思いを募らせながら、毎年この『ねぶた』の時期を外してしまう。

今年も9月に行く予定があるので、祭りが見られない。

そこで、簡単ホビー・・・昨年に青森駅で買った駅弁【逸杯辣星(いっぺいらっせ=ねぶたの掛け声)】・・・この駅弁は箱が組み立てられるのだ。1069 1095 2032

2037

.

美味しく食べた後の小さな工作のお楽しみ~。

弘前ねぷたと、五所川原立佞武多は作らなかったので、青森ねぶただけ・・・あまり上手に出来なかったなぁ。

.

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉 しいです。

« ニラレバ炒め | トップページ | 小江戸・川越に鰻求めて »