« 青梗菜(ちんげんさい)の挽き肉あんかけ | トップページ | アブラツノザメの刺身 »

2008年8月23日 (土)

蓮根の海老すり身挟み揚げ

通常は蓮根の旬は晩秋から冬。

夏場にお盆用の促成栽培が店頭に出る。

顔から頭まで泥んこになって蓮根を掘る作業は、なかなか骨の折れる重労働。012

蓮根は美しい花を観賞し、実も食べられる。

その上、地下茎(蓮根)も美味しく食べられるため、大昔から栽培されていた。

栽培される蓮田によって、多少の違いはあるが、一般的に乳白色でよくふくらんだ下の方の1~2節が美味しく、上部の細長い部分は少し味が劣ちる。

黄色や褐色のものも避けた方がいい。

.

memopencil

Dsc02876

皮を剥いたら、アク止めに薄い酢水に入れ、こまめに水を替える。

穴があって、先が見える・・・見通しがいい。

と言うことから、祝いの席の料理には欠かせない食材だ。

正月料理には、どの地方でもおせち料理に使われる。

五目寿司の具、精進揚げ、酢の物、キンピラ、煮物などにするが、煮物は一度炒めてからの方が味が浸みコクがでる。

.

restaurant蓮根の海老すり身挟み揚げ1209 (2人分)

.

  1. 蓮根(6~7cm)は5mm厚さくらいに12枚切り、酢水に晒しておく。
  2. 1294 海老(150g)は解凍して背ワタを取り、粗く刻んでフードプロセッサー(または擂鉢)で身の粒感が残る程度にすり身にし、片栗粉(大1)とおろし生姜汁少々を加え良く混ぜる。
  3. 1の水気を拭き取り、あわせる面に片栗粉を薄く塗し、二枚で2を挟んで、小麦粉を水で溶いた衣をつけて揚げる。
  4. 大根おろしとレモンなど添えて、醤油で食べる。

.

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ば》の食べ物事典を作りました。

ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ ランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 青梗菜(ちんげんさい)の挽き肉あんかけ | トップページ | アブラツノザメの刺身 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ