« 夫の誕生日【LA BETTOLA】でランチ | トップページ | 青森ねぶた始まる »

2008年8月 1日 (金)

ニラレバ炒め

Photo古い時代、葱は“ギ”で、貴族たちは“ギ”だから「一文字=ヒトモジ」と呼んでいた。

それに対するように、“韮(にら)”は「二文字=ふたもじ」と呼ばれた。

貴重で重要な五菜の一つに数えられ、神武天皇も召し上がっていたと伝えられる。

.

memopencil

韮はユリ科、東南アジア原産で、一般に出回る韮は葉韮で中でも大葉韮が主流。

蕾の付いた花韮、軟化栽培の黄韮などもある。

独特の香りは葱類に共通の硫化アリル、これはビタミンB1の吸収を良くする。

カロチンやビタミンB2、C、カルシウムなども豊富。

整腸や強精効果があると言われ、スタミナ食、保健食としても使われる。

.

memopencil

味噌汁の実、天婦羅、ヌタ、お浸しなど、使い道の広い野菜である。

肉の臭いを消し、ビタミンB1の吸収を良くするので、ニラレバ炒めや餃子などの中華料理にも欠かせない。

卵との相性もいいので卵とじのほか、韮を使った“韮粥”“韮雑炊”などは、病人食として定評がある。

.

memopencil

一緒に使うレバーは、ビタミンA、B群、鉄分の宝庫。

調理の前に血抜きをし、加熱しすぎないように注意すれば、美味しく食べられる。

夏バテが出そうな身体には、韮+レバー=最強の組み合わせ。

.

restaurantニラレバ炒め(2人分)1526

  1. 1634 豚レバー(150g)は塊のまま15分ほど水に晒して臭みを和らげる。
  2. ボウルにオイスターソース(大1)、酒&醤油(各大1/2)、砂糖&胡麻油(各少量)、胡椒(少々)を入れ混ぜて、1の水気を拭いて、一口大に削ぎきりして入れ、15分ほど下味を付ける。
  3. フライパンに胡麻油を熱し、生姜とニンニクの微塵切り(適宜)を炒め、香りが立ったら、2を調味料ごと入れて炒める。
  4. レバーの周りの色が変ったら、韮(1/2束)を4~5cmの長さに切ったものを加えて、手早く炒め合わせて器に盛る。

.

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 夫の誕生日【LA BETTOLA】でランチ | トップページ | 青森ねぶた始まる »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ