« 山菜の瓶詰め、その1・ミズ | トップページ | 山菜瓶詰め、その3・サモダシ茸 »

2008年8月14日 (木)

山菜の瓶詰め、その2・根曲がり竹

2478四季を問わず、山菜が要るときに要るだけ使えるのは嬉しい。

そんな嬉しい山菜の瓶詰めを青森のJ子さんが送ってくれた。

.

今日はその中から“根曲がり竹のタケノコ”(真ん中下)を使う。

この“根曲がり竹”は、主に、東北以北・雪の多い地域に自生する。

5月中旬~6月中旬が採取のピーク。2480

根曲がり竹は、竹薮として群生しているが、広葉樹と混在するところに生えているほうが、タケノコの味はいいようだ。

竹薮は、根曲がり竹と言うだけに、根元が湾曲し、絡まり合うように深く、高さも2~3メートルにもなるので、夢中で採取して遭難した話を良く耳にする。

孟宗竹のタケノコ以上に珍重されるのは、採取に危険が伴うからだろう。

学名は「千島笹」、豪雪に耐えるだけに、強靭で粘りのある特質から、篭製品に使われる。680_1

また、野菜の杖に使われるのもこの竹が多い。

根曲がり竹タケノコは、アクが少なく、独特の風味と食感が、食通にも好まれる。地域によって、笹竹、姫竹、五三竹(ごさんちく)、篠竹(すすたけ)などと呼ばれる。

.

memorestaurantモロッコインゲンとのバターソテー702

.

memorestaurant若布や大根との味噌汁 680_2

.

シャキコリの食感がたまらなくいい。

.

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 山菜の瓶詰め、その1・ミズ | トップページ | 山菜瓶詰め、その3・サモダシ茸 »