« 菊花と青菜のおろし和え | トップページ | ズッキーニとサーモンのクリームパスタ »

2008年9月 9日 (火)

山葵焼酎と山葵粕漬け

(v^ー゜)bottleアリガト~!!・・・(゚▽゚*)

1278.

先日、ムシコさんとイタリアン・ランチをご一緒した時に、また奥多摩の山葵を頂いた。

夫と割烹【ちよだ】で飲んだ“山葵焼酎”のツンとくる香りが忘れられなかったので、頂いた山葵は今回は焼酎の中に~。

使うのは、いつも飲んでいる「芋」「すだち」「蓮」などの乙類ではなく、こだわりのない甲類がいい。

安くシンプルな甲類の利点を活かしながら、山葵の風味を加えることで、独特の乙類並の焼酎を作ることができる。

漬けた後の山葵は、刻んで“酒粕”で漬けて酒肴にしちゃおう。2725

.

焼酎(しょうちゅう)とは酒類のうち蒸留酒の一種である。

昔は、その強い度数から「あらき酒」とか、または蒸留器を意味する「蘭引(らんびき)」と呼ばれた。

英語の「アラック」は、各種の蒸留酒の総称だ。

日本では文献などの記録で確認出来るのは、焼酎の製造は16世紀頃からと思われる。

それは1549年に薩摩(鹿児島)に上陸した宣教師フランシスコ・ザビエルが記録している。

また、鹿児島の郡山八幡神社には、1559年に補修が行われた際に大工が残した落書きが残されている。

内容は「焼酎もおごってくれないけちな施主だ」というものだそうだ。

.

2727 初期から明治時代中期頃までの焼酎は、製造に単式蒸留器を用いて、現代の法体系でいうところの「焼酎乙類」に限られていた。

明治28年頃にイギリスから連続式蒸留機が輸入され、高純度アルコールが安価に大量生産できるようになった。

この製法のものが「新式焼酎」として普及、在来の焼酎は「旧式焼酎」と呼ばれるようになった。

その後、酒税法で新式焼酎にあたる「焼酎甲類」と、旧式焼酎にあたる「焼酎乙類」の区分が制定された。

.

memorestaurant山葵焼酎2717_2

.

洗った山葵の葉茎を切り落とし、根部を縦四つ割りにして、なるべくシンプルな(香りの強くない)焼酎にドボン。

ムシコさんから「3日以上漬けとくとダメにしちゃうよ」と教わっていたので、3日目には山葵を引き上げた。

焼酎はウッスラ山葵の色が付いて、香りはマンマ山葵!

.

memorestaurant山葵粕漬け2724

.

焼酎から出した山葵は細かく刻んで、粕漬けにリメイク。

  1. 酒粕は酒(甘味が欲しい方は酒と味醂)でやや硬めに緩く伸ばして、塩微量で調味しておく。
  2. 先に切り落として保存しておいた山葵の茎と葉は、細かく刻んで熱湯をかけ回し、水気を切って密封容器に入れておく。
  3. 焼酎から出した山葵の根を微塵切りし、1に混ぜ、2も加え混ぜる。
  4. 当日より、2~3日後が味が馴染んで美味しいと思う。

ムシコさんありがとう~!、焼酎美味しいよ。

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 菊花と青菜のおろし和え | トップページ | ズッキーニとサーモンのクリームパスタ »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ