« 独り美味旅(その6・青森最後の夜) | トップページ | 独り美味旅(その8・チーちゃん宅へ) »

2008年10月 1日 (水)

独り美味旅(その7・八戸でashさんと)

(=゚ω゚)ノ**.o(_ _)oオマタセ~

.

いよいよ、9月22日(月曜日)はashさんとランチデート

若い独身男性とデート、歳甲斐もなくワクワクドキドキ~heart022104

(写真はウミネコで有名な『蕪島』)

.

久慈まで行こうと思っていたら、アクセスの都合で結局はashさんが八戸まで出てきてくれた(ごめんね、ありがとう~)

駅前で、車の窓から手を振る彼を見つけた・・・なんか、パッと分かるんだね、お互いに。

私の荷物を車に乗せてくれるために降りてきた彼は・・・背が高~い!

お互いに八戸は詳しくないので(とくに私は)、ashさんが行ったことがあるという【八食センター】の回転寿司に(均一料金のとこじゃないよ、皿の色が怖いとこだよ)。

しかも、ashさんが奢ってくれるんだって~happy02scissors

.

ashさんは写真が上手なのを知ってるから、私の方は緊張してかほとんどがピントボケ。

それでも、八戸ならではという珍しい寿司種ばかりを頼んだので、ブーイング覚悟でアップするね。

memojapaneseteaまず、ホウボウ2094

.

淡白な白身で、コリッとした歯触りと上品な味はヒラメにも匹敵する。

memojapaneseteaソイ2096

.

淡白な白身で、コリコリした食感は河豚にも似ている。

memojapaneseteaアブラメ(アイナメ2098

.

白身ばっかりだなぁ。

でも、白身の魚って見た目は同じように見えるが、食感や食味はかなり違うのだ。

それぞれの脂の香りも微妙に違う。

夏ごろのアイナメはとくに脂乗りがいい。

青森は平目も有名だが、先日の寿司で食べたばかりなので、今日はスルーした。

memojapanesetea珍味・蛸の白子2095

.

豆腐のような食感かな?

memojapaneseteaそして、そして、南部は馬の名産地・霜降り馬肉2097

.

あせって、撮る前に1貫を食べちゃったcamera

しかも、一番高い皿~。

memojapanesetea赤貝の紐2099 

.

memojapanesetea生ホッキ貝2100

.

お腹いっぱい、ご馳走様~!!

ear内緒だけど、ashさんは食べるよ・・・私の3倍は食べたかな・・・背は高いけど太ってはいないのに、あれだけの寿司は何処に入ったんだろうsign02

あ、それとツマンナイことだけど、嬉しい発見。

ashさんと私の携帯機種mobilephoneが同じ、で待ち受け画面も一緒。2102

.

rvcarで、蕪島から八戸水産センター「マリエント」で、いろんな海の生物を鑑賞。

可愛かったクリオネはashさんの写真でみてね(私は失敗weep)。

せめて、れおんさんのために“タツノオトシゴ”でもアップしとこう。2110

.

こんなにお土産まで頂戴してありがとう。2136

.

彼は歩きながらでも、私の歩調と合わせたり、人ごみでは庇ってくれたり、心の優しさが自然に滲み出る男性だ。

再会を約束してお別れ~。

私はこれからチーちゃん宅にお呼ばれ。

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 独り美味旅(その6・青森最後の夜) | トップページ | 独り美味旅(その8・チーちゃん宅へ) »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ