« 独り美味旅(その10・東北土産) | トップページ | 新米で「鶏飯(けいはん)」 »

2008年10月 5日 (日)

ムシコさんからカボス~!

サンキュ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

.

ムシコさんから、今度はカボスをたくさん頂いた~happy01scissors2750_2

.

カボスは、九州の特産品だが、生産量の98%が大分産。

カボスをはじめ、ユズやスダチ、ダイダイなどの柑橘類は、生食用ではないが香味用ミカンとして、独特の芳香が和食には欠かせない。

大分県では、きわめて庶民的で一般的な食材として大量に消費されるが、県外では流通量が少なく、高級食材として扱われる。

.

カボス(臭橙)は、ミカン科の常緑広葉樹でその実を香味として使う柑橘類のひとつ。

ユズの近縁種で、枝には鋭い刺がある。

果実は緑色のうちに収穫するが、熟すと黄色くなる。

スダチ等と紛らわしく間違え易いが、果頂部の雌しべの落ちた跡の周囲がドーナツ型に少し盛り上がっているのが区別の目安だ。2758

.

果肉は黄白色で、果汁を搾って食用とするが、多汁で酸味が強い。2753

.

その果汁は、クエン酸とビタミンCがたっぷりでさわやかな香りがする。

その香味で、カボスのジュースは「日本のパッションフルーツ・ジュース」と評される。

.

カボスは、香酸柑橘類の中でも、酸味が強すぎないので食材の味を酸味で消すことがない。

しかも、ミネラル由来の塩味があるので、食材に塩を添加する代わりにカボスを添加することで減塩効果も期待される。

刺身や焼魚などの薬味として使ったり、鍋料理のポン酢や、酢の物などの調理にも使う。

大分県では、味噌汁やパスタに搾るなどと、いろんなの料理に日常的に利用されるそうだ。

また果汁や果肉を用いたジュース、菓子、酒類などの加工品もあると聞く。

memorestaurant鰤の柚庵焼き2757 

.

2755柚子の汁と醤油や酒などを合わせた「ゆうあん地」と呼ぶタレに漬けて焼くことを、『柚庵焼き』または考案者の名から『祐庵焼き』という。

柚というくらいで、本来は柚子の香りを付けて焼くのだが、カボスの爽やかな香りとたっぷりの果汁を染ませてみた。

そして、美味しく焼けた魚があれば、カボス果汁をたっぷり搾った爽やかな香りの焼酎も進むのだ。2760

.

ムシコさん、ありがとう・・・私、呑み過ぎてるかもよ~smilescissors

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

memobud別件・沢山の実が付いた観賞用唐辛子2438

.

ムシコさん、これ無農薬・有機栽培ですが、料理には使えないの~?

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 独り美味旅(その10・東北土産) | トップページ | 新米で「鶏飯(けいはん)」 »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ