« 熟成発酵黒ニンニクでパスタ | トップページ | 和食には本みりん »

2008年11月28日 (金)

葱と牛肉の炒めもの

(*゚∀゚)=3 ネギー!!

.2687

葱は臭=気(き)が強いと言うので、昔は敢えて別の字を当て“紀”と書いた時代もあった。

それはまだ一文字草と言われていた頃。

やがて栽培技術が進んで、白根の部分が賞味されるようになり、“紀”の上に“根”が付き、“根紀~ネギ”に・・・。

ただ、正確には白い部分は根ではなく、“葉鞘(ようしょう)”、つまり葉の一部なのだが。

.

夏場は、麺類の薬味などとしての消費が主で、それも仲間の浅葱や分葱、万能葱と呼ばれる細葱が市場を占めているが、冬に向かい、鍋物が恋しくなる頃から長葱の消費は大幅に伸びてくる。

葱は別名を“根深(ねぶか)”と言うくらい、白い部分を長く作る。

これは、関東ローム層を利用して、土を深く掘り下げ、日光に当てないように葱を埋めて軟白に作るのだ。

地上に出て日光に当たった緑の部分は硬く、とくに美味しい物ではないが、埋もれていた白い部分は甘味があって、煮るほどに美味しさが出る。14171785

これと、比較されるのが、京都辺りで栽培される“九条葱”で、緑の部分が柔らかで美味しい。

葱は風予防に効くといわれ、生葱の白い部分には体を温める作用があるらしい。

カルシウム、鉄分、カロチン、ビタミンCなどが豊富で栄養価の高い野菜だ。

.

memorestaurant葱と牛肉の炒めもの(2人分)2686

葱爆牛肉(ツォンバンニューロウ)という。

.

下味に使う胡麻油とラー油のピリ辛風味が料理の決め手。

  1. 葱(1~1,5本)は斜め切り、薄切り牛肉(150g)は食べやすく一口大に切る。
  2. ニンニク(小1片)は叩き潰す。
  3. 下味用に、醤油(大1)、酒(大1/2)、胡麻油・酢・砂糖(各小量)、ラー油(少々)を混ぜ合わせ、1を15分くらい漬け込む。
  4. 中華鍋に油(大1)を熱し、2を入れて弱火にかけ、ニンニクの香りがたって色づいてきたら強火にして、3加えて手早く炒める。
  5. 牛肉の色が変わったら出来上がり。

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 熟成発酵黒ニンニクでパスタ | トップページ | 和食には本みりん »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ