« 柿釜に柿の白和え | トップページ | 茹で落花生チョビッと »

2008年11月13日 (木)

沖縄特産・海ぶどう

さんくす(o)/

.

息子嫁の父親は沖縄出身で、沖縄には大勢の親戚縁者がいる。

だから、けっこう沖縄の特産品を送ってくれるらしい。

月曜日はランチに呼ばれて行って『海ぶどう』をご馳走になってきたが、帰りには少し持たせてくれた。019

.

海ぶどうと言われるのは、学名・クビレズタ(括れ蔦)のことで、イワズタ科イワズタ属に属する海藻だ。

沖縄では、海ぶどうやグリ-ンキャビアと呼ばれて食用にされる。

日本の南西諸島や、東南アジア、オセアニア等に分布、浅海域の砂地に生育する。

長さ2~5m程度まで成長する。

蔓(ランナー)を伸ばし、その途中から直立する茎が生える。

この直立する茎に球状の小枝(葉のような形状)が密生して、これが食用になる。

この球状の小枝が「海ぶどう」の由来になっている。

また、和名のクビレズタは、直立する茎と小枝の間がくびれていることから。

.

沖縄では、昔から食べられている海藻で、生で、醤油や三杯酢等に浸しながらタレ浸食べる。

調味液に長く浸すと、プチプチとした食感をもたらす粒状の部分がしぼんでしまうので、食べる直前にタレに浸すのがいい。

また低温に弱く、冷蔵庫で保存すると萎んでしまう。

昨今の沖縄では養殖が行われていて、かつてに比べて入手しやすくなっている。

海水水槽で観賞用に栽培されることもあるそうだ。

memorestaurant海ぶどうとなめこのおろし醤油026

.

海ぶどうは、氷水でサッと水洗いすると、ぷちぷち感が増して歯ごたえを楽しめる。

028そのまま食べても美味しいが、さしみ醤油や三倍酢、好みのドレッシングなどをつけて食べる。

マヨネーズも案外合うし、丼にしてもいける。

口の中で磯の香りがパァ~ッと広がり、沖縄のちゅら海を彷彿とさせる。

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 柿釜に柿の白和え | トップページ | 茹で落花生チョビッと »