« ピータンとアスパラで中華和え物 | トップページ | イベリコ豚重 »

2008年11月 4日 (火)

エボダイの干物

Aイクナイ***Дハァ?

.

Photo_354疣鯛(いぼだい)、真名鰹(まなかつお)科に属すだけに、並の鯛より味わいがあり美味しい魚だ。

ただ、名前が良くない・・・どうもイメージが悪いらしく、高い評価が得られない。

そのせいかイボダイと呼ばずに、通称“エボダイ”と訛ったまま呼ばれることが多い。2859

また、東京辺りの昔の訛りでは「い」が「え」と発音されることがあり、「疣」(いぼ)が(えぼ)に訛ったとも言われる。

.

体形は幅広で平たく、鼻先が丸く、口が小さく、結構可愛い。

鉛色の皮で成魚でも17~18センチ程度にしかならない。

宮城県や秋田県以南、東シナ海まで棲息。

産卵期は春から夏まで、旬も同じく春から夏。

入荷が多いのは東シナ海のもので、市販のイボダイの干物は材料の多くが東シナ海産。

価格は決して安くはなく高級魚といってもおかしくない。

体表からたくさんのネバネバした粘液を出す、これが鮮度のバロメーターで、粘液が多く透明なら鮮度がいい。

英名はメロンシード、香港の地方名から採ったようだが、なぜメロンの種なんだろう?

.

煮魚、焼魚、白味噌に漬けた“西京漬け”にして焼くと絶品。

2860椀だね、ちり鍋、ムニエル、フライ・・・なんでも美味しいのだが、皮が傷つき易いため、殆どは生で売られず、干物に加工される。

最近、なかなか国産のイボダイで作られた干物を見かけないが、しっとりして旨味が強く、身離れが良く、まさに干物のためにあるような魚である。

そんな希少な国産イボダイの干物を、小名浜から来た昨日のお客から頂いた。

memorestaurantボダイの干物焼き2862

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« ピータンとアスパラで中華和え物 | トップページ | イベリコ豚重 »