« 風邪退散のスーパー銭湯 | トップページ | 冬至はカボチャと蜆 »

2008年12月20日 (土)

結婚記念日

(=゚ω゚)paperドモo(_ _)oペコッheart0442年目~.

.

12月20日は私たち夫婦の42年目の結婚記念日。

と言っても、証券マンだった夫にとっては年末の極めて多忙な時期だったし、私の父の1周忌を終えたばかりで、いわゆる結婚式も新婚旅行も無かった。

だから入籍記念日とでも・・・ribbon

お互いっこのプレゼントは止めて、二人で花を選んできた。142

.

私たちの出会いは、その年の夏に彼が私の実家に支店次長として赴任の挨拶に来たことから始まる。

学生だった私は、簡単な挨拶をしただけで、夏休みが終わり大学に戻ったが、間もなく縁談があって11月3日の見合いのために帰郷した。

その見合いが済んだ2日後の5日に、彼が仕事のことでまた実家を訪れ、再会。

その時点まで彼が独り者だとは思っても居なかったのだ。

初めてプライベートに誘われたのが11月12日、二人だけで飲みに行ったbar

その夜「この人なんじゃないかな?」と予感が・・・(同時に彼も感じていたそうだ)。

私は大学に(東京に)戻らず、縁談を断って、そのまま実家で法事までを過ごすことにした。

そして彼は母が誘うまま、休日ごとに母の手料理を食べに来ていた。

.

母はすっかり彼が気に入り、12月12日の父の1周忌に参席させ、その席で親戚や父の後援者、知人たちに紹介したのだ。

反対者や異論者もいたが、「この娘は、いままで見た目男(イケ面)とばかり付き合ってたのに、最後に選んだのが・・・性質を見たのなら本物だろうね」という幼少からの琴師匠の一言で決まり。

私は翌日東京に帰り、期末試験を終え、課題作品の提出をして再び実家に。

いろいろあったが、一緒に新年を迎えようと20日には彼の許に行った。

つまりは付き合いをして40日ほどで、その間10回ほどより会っていない無謀とも思えるスピード結婚だったのだ。

それが何と41年も一緒に暮らしているのだから、縁の不思議とでも言おうか。

今日から42年目・・・健康に長生きしてね~happy01notes

.

例年は、どこかの店に予約を入れて二人で飲むのだが、今年は・・・。

最近の夫は、外で飲むと「帰りがきついし、帰ってからお風呂も億劫だし・・・」と消極的。

自分の仲間やGFたちと銀座などで飲食する時は深夜になっても平気なのに~pout

ま、私の体調もいまいちだし~、夫の意思を尊重して、今年は家食に・・・。

.

外食を止めて、入浴後に飲もうということで、バスタイムの贅沢=香りも買ってきた。138

バラの乾燥花びら、お風呂専用ポプリ(¥1,100/6袋)は私の好み優先bleah

今夜は『お家ディナー』で、beerwine思いっきり飲むので、料理のアップは酔いが覚めた明日か明後日に・・・悪しからず。

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« 風邪退散のスーパー銭湯 | トップページ | 冬至はカボチャと蜆 »