« さくら(馬肉)のジャーキー | トップページ | 海老と青菜でチャーハン »

2008年12月14日 (日)

キャラメルの変化

_ノフ○ despair グッタリ

.

体がだるくって座る時間が多くなると、つい甘いものを口にしたくなる(なんでだろ?)。

172生キャラメルが大人気で、そのせいかキャラメル人気も再燃している。

ミルク味ばかりじゃなく、塩味、抹茶味、黒糖・・・ついに小豆まで出た。

.

先日『め・お・と漫才』のmisaさんが、ブログで写真を載せた‘小豆キャラメル’に興味が・・・。Photo

(写真はmisaさんの撮ったものを拝借したconfident

あのアイスの小豆バーの味だという。

私は、昔懐かしい小豆キャンディーのような小豆バー(アイス)が大好きなのだ。

急に食べたい(舐めたい?)気がおきて、探しにrun

見つけられなかった・・・で、大粒じゃない普通のバージョンで取り敢えずの我慢。131 

.

キャラメルというのは、生クリーム・水飴・砂糖・バターなどを熱して溶かし、それを冷やし固めて作る。

語源はポルトガル語のカラメル(caramelo)から来ているが 、カラメルよりも低めの130度前後での加熱により作られる。

.

日本で最初のキャラメルは、森永製菓の前身の森永西洋菓子製造所が1899年(明治32年)に創業した当時から作られていたそうだ。

それがミルクキャラメルとして、現在の商品名になったのは1913年(大正2年)6月10日から・・・6月10日が『キャラメルの日』になっている所以。Photo_2

当初のキャラメルは高温多湿の日本の気候に合わず、キャラメルが溶けてしまうということがあった。

それを、森永太一郎が改良を重ね、現在の形となった。

森永製菓の全商品中、現在も昔の商標(エンゼルマーク)を使用しているのは、黄色の箱のミルクキャラメルだけだったが、今回たまたま買った二種類も昔の商標だった(ちょっと嬉しいかも~)。

.

小豆と黒糖、それぞれに懐かしい甘さが癒しになる。134

.

さて、12月14日はあの『忠臣蔵』で知られる赤穂浪士の討ち入りの日だ。

1702年(元禄15年)、本所松坂町の吉良邸に討ち入った浪士たちは、主君の仇討ちを果たし本懐を遂げた。
.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« さくら(馬肉)のジャーキー | トップページ | 海老と青菜でチャーハン »