« キウイの生ハム巻き | トップページ | ホッケのつけ焼き »

2009年5月13日 (水)

鯛が来た

キタ━━━━()━━━━タイ!!fish

.

ちょっと日がずれたが、大親友のJ子さんの旦那様(太公望のデザイナー)が釣り上げた大きな鯛が『Happy Birthday』のメッセージ付きで届いた。

もちろん天然真鯛!、俗に大物を称して‘眼の下一尺’というが全長55cmはありそうだ。630

.

釣り好きが、釣り上げたのだから、当然ながら天然物。

見事な鯛は、なまじ弄くるより、定番料理が一番かと決めた。

.

まずは皮を湯引きした刺身『鹿の子(松笠造り)』698 

.

骨やアラは焼いて身を削ぎ取り、骨と昆布で出汁を取ってご飯を炊く。

炊き上がったご飯に削ぎ取った身を混ぜて『鯛飯』703

.

今日は3枚に下ろした身の1/4と粗を使った。

残りの身は昆布締めや、塩焼き、カルパッチョもいいかな。

硬い頭骨は真っ二つに割って『兜煮』だね。

.

瀬戸内海では、春・産卵期の鯛(俗に“桜鯛”という)が珍重されるが、裏日本や北日本では水温の関係で、春の漁期が遅れる。

鯛の身は、癖が無く淡白な上、小骨が少なく食べ易い、中毒の心配が殆ど無い・・・と、万人向きだという。

それにしても、日本人は鯛が好きで、祝い事には欠かせない魚だ。

この鯛も、ご主人が私の誕生日の祝いにと、仕事と天候の兼ね合いをつけて、釣りに行ってくれたのだそうだ。

ありがとうheart01、旦那様(&J子~)happy01

.613

去年は頂いた鯛の記念に、『鯛の中にあるタイ』(カマの胸鰭の付け根の骨)を取っておいた。

飴色になるまで、頭が離れずカチンコチンになれば、いいことがあると言い伝えがある。

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブロ」殿堂(08・5)入りhappy01

.

改訂《ば~ばの食べ物事典》を作りました。ご参考になれば幸甚。

Banner2_30にほんブログ村 料理ブログへ人気blogランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

« キウイの生ハム巻き | トップページ | ホッケのつけ焼き »