« ガーリックライスとスペアリヴ煮 | トップページ | ゴーヤ卵チャンプルー »

2009年8月19日 (水)

バウムクーヘン

(=ω)ノ Guten Tag!(コンニチワ)

.

バウムクーヘン(ドイツ語)は、ドイツのザクセン・アンハルト州で広まった焼き菓子。

中心にドーナツ状の穴があって、断面は樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキだ。

名の由来は、ドイツ語で木を意味する Baum(バウム)とケーキを意味する Kuchen(クーヘン)から。

「バームクーヘン」と表記されることもあるが、標準ドイツ語では[baʊm]と発音するので「バウムクーヘン」のほうが現地音に近い。 

.

Photoバウムクーヘンは製法が特殊で、普通のオーブンでは焼き上げることが出来ず、バウムクーヘン専用のオーブンで作られる。

専用オーブンには、生地を巻きつけるための芯と、芯を自動的に回転させる装置が上部にあり、下部に生地を焼き上げるバーナーが据え付けられている。

.

本場ドイツのバウムクーヘン生地は、バター、鶏卵、砂糖、バニラ、マジパン、ラム酒、水などで作られる。

芯になる棒の表面に生地を少量かけてバーナーで焼くと、表面が焦げた厚さ1~2mmの薄い層ができる。

焼けた層の上に生地をかけては焼き、かけては焼きを繰り返しながらながら、薄い層を10~20層ほど重ねていく。

焼きあがった後に芯を抜いて輪切りにすると、バーナーで焼いた時に出来た焦げと内側の白い部分が層状に表れて木の年輪のように見える。

表面に砂糖やチョコレートをコーティングする場合もある。

.

日本でのバウムクーヘン人気は高く、本家ドイツの人気を上回るほど。

カステラと並び、日本人に好まれるケーキ類で、結婚式の引き出物などとして使われている。

日本で最初にバウムクーヘンを作ったのは、ドイツ人のカール・ユーハイムで、現在原爆ドームになっている広島県商品陳列所で製造販売したそうだ。

.

ストレートが主体だった形状も、ツリー型、トゥルム(塔)型、鋸山型、ボール型、壷型・・・などなど店の個性が出たオリジナリティあるものが増えてきた。

memocakeサザビーの紅茶バウム805

千駄ヶ谷のサザビーリーグが展開の【Afternoon Tea(アフタヌーンティー)】のバウムクーヘン(マロン味)は人気がある。

が、【Afternoon Tea】は紅茶“アールグレイ”がメチャ美味しいのだ。

そして、そのアールグレイのバウムクーヘンも絶品。

.

にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ.新しいカテゴリーに参加
にほんブログ村..........................応援してくださ~い

人気ブログランキングへ良かったらこちらもポチッとo(_ _)oペコッ

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブログ」殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

« ガーリックライスとスペアリヴ煮 | トップページ | ゴーヤ卵チャンプルー »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ