« 平戸土産『エソの蒲鉾』 | トップページ | 『野菜の日』にラタトゥィユ »

2009年8月30日 (日)

平戸の酒肴『干しアゴ』

(/ ^^)/アリガトネheart

.

ちょんまげぶろぐ』のちどりんさんから頂いた、お里帰りのお土産の続き。1135

.

平戸名産『干しアゴ』だ。

何回も水洗いしたアゴに塩をして天日干しをしたものだそうで、炙ってから毟って食べるとなんとこれが旨い!

お腹の辺りに残る腸の苦味が堪りましぇ~ん。1143

.

アゴとは、飛魚の幼魚のことだ。

南の海に棲息し、春に産卵のため日本近海に北上してくる“飛魚”。

九州から四国にかけては、まだ若い幼魚が漁れ「アゴ」と呼ばれて、丸干しや竹輪にされる。

干しアゴや焼きアゴで取る出汁は、九州の雑煮や煮物に欠かせない。

この出汁で湯豆腐をするのは絶品だ。

.

飛魚の別名はツバメウオというが、その名の通りに海上を飛ぶ。

その飛距離は、150メートルから、スゴイのになると400メートルも飛ぶのだ。

拾い海原に銀鱗を光らせ、大きく立派な胸鰭をピンと横に張って、グライダーのように滑空する『飛魚』。

釣り船を出していると、飛び過ぎて自ら船に飛び込んでくるドジなのもいる。

.

飛魚の仲間は20種ほどあるが、見事な滑空を見せるのは本トビ(角トビ)で、量的にも一番多い。

漁の中心は伊豆七島辺りだが、主として南日本に棲息。

淡白な味だが、小骨が多いので煮付けにはしない。

あっさり塩焼きでもいいし、干物も旨いのだ。

刺身にも向かないが、叩きには絶好で山葵醤油でも辛子醤油でもいける。

ミンチにして揚げ蒲鉾、椀種もいい。

memorestaurant干しアゴの胡麻味噌和え1146

.

焼いた干しアゴの身をむしって、頂いたデカイ茗荷を刻んだものと合わせ、酒+味醂で緩めた味噌と白胡麻で和えた。

これは宮崎の“冷汁”からのヒントで、キュウリや生姜があればそれらも加えるとさらにGOODよ!!

.

にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ.新しいカテゴリーに参加
にほんブログ村..........................応援してくださ~い

人気ブログランキングへ良かったらこちらもポチッとo(_ _)oペコッ

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブログ」殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

« 平戸土産『エソの蒲鉾』 | トップページ | 『野菜の日』にラタトゥィユ »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ