« 秋刀魚味噌焼き&牡蠣オリーブ油漬け他 | トップページ | カワハギの煮付け&ラ・フランスと生ハムサラダ他 »

2009年11月19日 (木)

ボジョレーヌーボー解禁

(ノ`) アチャーwinewinewine

.

フランス・ボジョレー地区の新酒は解禁日が決められていて、各国の11月第3木曜日・午前0時に販売解禁となる。

かつては午前0時をもって税関を通過、国内に入るという時代があった。

成田空港のゲートから、ヌーボーを積んだ輸送車が一斉に街に向かう。

この時代には、時差の関係で、日本が世界各国一番乗りの解禁になったのだ。

.

Photo_2バブル全盛、世の中“グルメ”のブームに浮かれていた頃は、世界各地で売り出されるヌーボーを、日本で真っ先に味わおうと、未明のレストランでは、前夜から大勢の客が、その到着を待って大騒ぎだった。

都心なら、早い店では、荷が成田を出て2~3時間後には到着する。

ヌーボーが店のドアを入ると、待ち構えていた客たちは、全員総立ちで、拍手、口笛、クラッカーを鳴らし・・・やおら、改まり、厳かに“乾杯”だ。

と、まぁ、一部の店ではあったが、こんな一大イベントを繰り広げたものだ。

.

もっと、すごい店は、成田のゲート傍に、仮設店舗(許可を得たテント)を設営、“ヌーボー一番乗りの会”を催した。

そんな“国民総グルメ”を煽ったような、編集企画に全力投球していた、あのころの私を思い出すと、懐かしいというより少し恥じ入る。

memowine今年のボジョレ-ヌーボー 2122

.

19日の解禁日に間に合わず、20日は話題になった【イオン・ヌ-ボー】をひと足遅れで。

そして改めて23日に買ったMis en bouteille(ミザン・ブテイユ)のヌーボー。

.

memowine勝沼・蒼龍の新酒164

.

memowine勝沼・アルプスワインの新酒1933

.

memowine小樽の新酒1690

.

memowineサントリーワイン1558_2 

.

値段の高いワイン、名の知れたワインが『いいワイン』『上級のワイン』と信じ込んでいる人も多いが~。

私個人的には、ワインの味は値段に比例するものではないと思っている。

高いワインが必ずしも旨いワインとは限らない。

¥1000程度で自分が飲みやすいワインを愛飲するのが一番。

ちなみに、ふだんの私の晩酌愛飲ワインは¥1200のこれ!165

.

にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ.応援してくださ~い

人気ブログランキングへ良かったらこちらもポチッと

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブログ」殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

« 秋刀魚味噌焼き&牡蠣オリーブ油漬け他 | トップページ | カワハギの煮付け&ラ・フランスと生ハムサラダ他 »