« 和風牛モツ煮&ホウレン草にオカカの訳ほか | トップページ | 寒の『土用の丑』も鰻 »

2010年1月26日 (火)

真鱈ムニエル&真鱈白子酒引き他

冬は鱈の季節、魚偏に雪、と書いて“鱈”。

スケトウタラ(助宗鱈とも)ではなく“真鱈”、その身が雪のように白いことと、雪に季節が旬だから付いた名だ。

真鱈の別名は大口魚、ガバッと開けた口は体径ほどもある。

その大きな口で、腹の皮がはち切れるほど大食する。

だから、大食いすることを「鱈腹食う」と言うのだ。

先日は真鱈を酒蒸しして白子をムニエルにしたから、今日は逆でいってみよう。

memorestaurant真鱈ムニエルImg_1188

.

memorestaurant真鱈白子の酒引きImg_1202

.

酒と出汁を半々くらいで、沸騰したら白子を湯引きする程度にくぐらす。

長く加熱すると不味くなるので、芯が生っぽいくらい(アルデンテ?)で・・・ポン酢でも、醤油でも好みで。

memorestaurant黄色人参のサラダImg_1147

.

イエローキャロット(黄人参)の甘みの濃さを活かして、茹でただけをオリーブ油と塩・胡椒で和えてみた。

memorestaurant卵黄納豆とホウレン草お浸しImg_1192

.

私たち夫婦の健康数値は納豆から(?)と思うほど、殆ど毎晩食べてる。

memorestaurant紫大根千枚漬けImg_0848

.

この紫大根って、生の時はそんなに紫を主張してないのに、塩漬けすると本当にムラサキ~!!

さらにちょっと酢が入るとピンクがかった優しい色になるの・・・不思議だね。

Br_decobanner_201001191426231

良かったらこちらもポチッと

にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ応援してくださ~い

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub「プラチナブログ」殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

« 和風牛モツ煮&ホウレン草にオカカの訳ほか | トップページ | 寒の『土用の丑』も鰻 »