« 春とは言え~未練の『鶏鍋』 | トップページ | 生青海苔汁と酢の物&サーモン親子丼 »

2010年3月 3日 (水)

『雛祭り』に蛤酒蒸し

142

.

雛の節供には昔から貝が付き物だ。

赤貝、浅蜊、平貝、鳥貝、青柳・・・そして蛤。

.

Photo_180とくに蛤は、幾千万個集めても、元の一対でなければ決してピッタリ合わない。

その神秘性が一夫一婦の鑑とされた。

平安時代の貴族の姫たちが、たくさんの貝殻から合う一対を探し出す【貝あわせ】という遊びに興じたのも、蛤の特性を知ってのこと。

この特性で、蛤は婚礼の席に使われることが多い。

雛祭りは、お内裏様の婚礼とも言われる。

そこで蛤が雛の節供に使われることが多いのだ。

.

Photo_181蛤は、3~4月が旬なので、その点からも春の祝いの膳には“吸い物”として出される。

薄い塩味が蛤の美味しさを一番良く引き出すので、吸い物のほか“酒蒸し”などでも、薄塩味が本格的で、醤油は使わないものだ。

殻焼き、ヌタ、浜鍋やクリーム煮などにもする。

砂出しは、海水程度の塩水に金気の物を入れて一晩置く。

真水では殻を開けず砂を吐かない。

蛤の名は形が栗に似ていて、まるで「浜の栗」のようだと・・・シンプルな造形の美だ。

.

日本では、貝塚から沢山の蛤の殻が見つかっている。

縄文時代から愛食されていたようだ。

古い貝塚から出土する貝殻の中でも、蛤は圧倒的に多いことから、古代から親しまれた貝だと分かる。

memorestaurant蛤の茶碗蒸しPhoto

.

memorestaurant蛤の酒蒸し137

.

memorestaurant蛤の薄出汁煮Img_1154

.

Br_decobanner_201001201408331

良かったらこちらもポチッと

にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ応援してくださ~い

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

crown富士通Azbyclub『プラチナブログ』殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

« 春とは言え~未練の『鶏鍋』 | トップページ | 生青海苔汁と酢の物&サーモン親子丼 »