« 本人にも告知 | トップページ | 末期と余命の誤解 »

2011年9月14日 (水)

埋め込みポートで帰れる?

hospitalmemoどんな病気でもそうでしょうが、普通に飲食が出来なくなる苦痛と切なさは『美味しく食べたい』という言葉の真意と、健康でいられる大事さを再確認させます。

普通に美味しいと思いながら食べられること、『美味しく食べたい』と思えるものを作ってあげること・・・誰もが長くそんな生活が続けられますように。

.

「点滴で少し体調も落ち着いているし、当分は緩和治療に入らなくて済みそうです。

今日明日にどうと言うことも無いようだし、意識もハッキリしてますしね。

少し長い入院になるかも知れないことも考えると、病院にいるより家の方が精神面で安定すると思います。

今のうちならしばらく自宅で過ごせると思うし、それが本人にとってもいいんじゃないでしょうか。

.

問題は水分や食事が摂れないことからの点滴なんですが、自宅でも点滴が可能になる『埋め込み式ポート』を考えてます。

これなら自分で輸液ルートの付け外しが出来るし、外せば入浴も出来ます」

・・・と昨日言われて、もう今日の午前中には埋め込まれました(決断、ハヤッ!)。

.

部分麻酔での手術でしたが、麻酔が切れた頃にはちょっとシクシクしたようです。

そりゃぁ、表皮を切リ開いて静脈に繋いで埋めるんですからね。

このポートというのは皮下に埋め込むリザーバーの呼称で、針で輸液を注入する直径2~3cmの円盤状部と、中心静脈血管内に入れる20数センチのカテーテル(細い管)とが接続した器具です。

使用する場合には皮膚の上からリザーバーのセプタム(シリコーン製膜)に針をさしますが、約2000回もの穿刺に耐えるといわれます。

体外露出部分がないので、使用していない時は入浴等も可能で、患者の在宅静脈栄養法に用いられているものです。

.

去年の夏にも繰り返した点滴で静脈が弱って脆くなった時に、一度このポートの話は出たんですが~。

いまの夫には点滴が命の綱…いえ細い糸かな。

現在使用中の35cmの股下(ソケイ部)大静脈点滴管は、衛生上からも数日後には入れ替えなければなりません。

ならば、ポートにすれば自宅に帰れるし、緊急で入院してもすぐに点滴対応、やがては麻酔注入も出来ますから。

.

明日には、私たちに使用法のレクチャーがあり、傷の回復次第では数日後には自宅に帰れるそうです。

輸液は医師の証明書で、近所の処方薬局で買えますし、自宅で点滴するのは夫にとっても気持ちが晴れそう。

.

**************************

今日は最近話題の“食用ほうずき”を持って行ってみました。

珍しいものを食べると寿命が延びる…なぁんて、ちょっとゲン担ぎ。3655

残念ながら夫は「薬っぽい臭いが~」と齧りかけて止めちゃいました。

看護師さんたちが珍しがって味見、「初めての味、けっこうイケル」そうでしたよ。

.

**************************

今日のお昼の病院食は肉ジャガや春雨サラダでしたが…。3661_2

手術中に体が冷えたらしく咳と鼻水・痰が止まらずに食べられません。

14時頃に、取っておいたオレンジと持ち込んだヨーグルトを食べました。

.

**************************

私は駅連絡通路【ヴィ・ド・フランス】のパンです。3656

イタリアンハーブチキンピタとリンゴパン。

リンゴパンは、煮リンゴとクリームをリンゴ果汁で練ったビスケット生地で包んでます。

.

胃や食道を失い気管にも癌瘻孔、遠隔転移しても諦めずに頑張ってきました。

それも皆様の応援に力を頂いて励まされてきたおかげです。

夫には穏やかに1日でも長く生きていて欲しいと切に思います。

これからも、最期まで見守っていただけますようお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ応援してくださいね~o(_ _)oペコッ 

crown富士通Azbyclub『プラチナブログ』殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

『女神の料理レシピ』服部幸應監修)の鰤料理レシピ「各地の女神・男神より(お餅の美味しい食べ方教えて、アイディア5)」にも掲載されています。

« 本人にも告知 | トップページ | 末期と余命の誤解 »

コメント

埋め込みポート。初めて知りました。
いろいろあるのですね、勉強になります!

やはり、自宅に居てる方が良いですものね!

昨日の記事は、じ〜じ様の温かく気丈で優しさの溢れたお人柄に、感動しました…。そんな素敵な心を持たれた、じ〜じ様です。ご自宅で、最愛の方である、ば〜ば様の傍らで、のんびりと過ごされる事が、最良の選択と思われます。ポートによる自宅点滴で、どうか、苦痛のない、穏やかな日々を、これからお過ごしになれますように。

落ち着かれているようなので、良かった!
病院よりお家の方がいいですよね。

ば~ば様。毎日ブログに来ていますが、ずっとコメントを書けずにいました。
告知は辛いけれども、これでまた二人三脚できますね。
私の親族はとても癌が多いのですが、
両祖父とも治療ができなくなってから、
家でのんびりとかなり長いこと過ごしていました。
じ~じ様もば~ば様も無理をせず、
風邪などひかないように、気をつけてくださいね。

お友達のお義母さまも、ご自宅で栄養点滴をしてましたから、そういう埋め込みポートを作っていたのですね。
うちの夫はお腹の中にカテーテルを入れ、お腹の外に長く伸びていました。
毎日毎日、それと機械を繋ぎ、腹膜透析を家でやっていましたが、もう家でするのは身体が辛い状態になり、腹膜もダメになって来た事から、今年6月頃にカテーテルを抜き、お腹周りがすっきりしました。
これで海にも行ける!と夏には行きましたが、その代わりに、静脈と動脈を繋ぎ、そこから血液透析をしています。
傷は見えるけど、外に何かが出てないだけでもいいのかな。
医学は進み、知らない事が沢山ありますね。

家で栄養点滴ができるのであれば、そりゃあ、家に帰りたいですよね。
夫なんか、入院してると、帰りたい帰りたいとわがままばかりです。

お2人で、精神状態もよくなり、寿命が伸びるかもしれません。
それを期待します。

おはようございます♪♪

駅連絡通路【ヴィ・ド・フランス】のパン、・・・・・・。
惹かれました。
たまには、良さそうですね。

いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
応援ポチ♪♪

そちらの病院では、治験の免疫療法はされていないのでしょうか?

よかった!
奥様が大変でなければ、私も在宅治療に賛成
です。ご主人の状態をうかがっていると、
今日明日という感じではないもの。
そもそも、食事をしたいと思うこと。
生命が強くあるという意味ですよね。
嬉しいなぁ~♪

埋め込みポートの手術。
旦那様、痛みによく耐えてがんばられました。
自宅で過ごせるのは旦那様も一番嬉しいことだと思います。
色々と大変なこともあると思いますが
ばーば様、旦那様共々自宅療養に向け頑張ってください☆

ば~ばさま、よかったですね!
お家に帰れるのですねhappy01
やっぱり家が一番!
旦那様もほっとしているでしょうね♪

ば~ばさん おはよう^^
大好きなお家で療養出来るのですね。
ご主人様もほっとなさってるかな?
まずは、のんびりしてください。

おうちで点滴が出来るなんて!!!!
病院は安心でしょうが、やっぱり家の方が落ち着きますもんね

食用のほうずき!
食べたのは7.8年前ですが、結構美味しかったような…
何かの味に似ていた気がするのですが忘れちゃった!
応援

heart応援を頂いている皆様
いつも温かなお心遣いを頂き頑張る力になります、ありがとうございますconfident


とらにゃん様
体内に埋め込むのでリスクゼロではありませんが、点滴で生かされるものには救いの器具かも知れませんcoldsweats01


akko様
自宅で過ごせる時間が少しでも長く穏やかにあるように、私の頑張りどころsmile


MONA様
夫は家に居るほうが好いに決まってるでしょうが、私はちょっっと不安かな?coldsweats01


ねりり様
抗癌の治療を一切止めてからの方が少し体が楽みたいだから長生きするかもねsmile


persion様
体内埋め込みのカテーテルは使用していないときは見えないし入浴も出来ますから家で生活できる患者には嬉しい器具でしょうねconfident


HIRO様
免疫療法はまだ一般的じゃなく、此処も本院の一部の科ではあるそうですthink


みどり様
夫にとっては家の方が居心地はいいでしょう、それは看護師役の私次第ですがcoldsweats01


やまがたん様
これから看護師代役の私の頑張りどころ、少々荷が重いですが精一杯遣りますsmile


Lara様
夫はホッ、私は少し看護師代役に不安なのが本音…上手く点滴できるかな~coldsweats02


チーちゃん様
今のうちにのんびりします、退院したら看護師役の私は24時間勤務ですものねcoldsweats01


chika0w0様
看るほうは少し大変ですけど~~、食用ほうずきの甘酸っぱさは表現が難しいdelicious

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本人にも告知 | トップページ | 末期と余命の誤解 »