« 大親友と熱い握手 | トップページ | まだ介護ヘルパーは »

2011年9月18日 (日)

娘の想い

hospitalmemoどんな病気でもそうでしょうが、普通に飲食が出来なくなる苦痛と切なさは『美味しく食べたい』という言葉の真意と、健康でいられる大事さを再確認させます。

普通に美味しいと思いながら食べられること、『美味しく食べたい』と思えるものを作ってあげること・・・誰もが長くそんな生活が続けられますように。

.

今日は点滴レクチャー3日目、初回は模型を使いながらのポートの説明や自宅点滴の心構えみたいなこと。

昨日2日目は、使う器具類の説明と、実際の扱い方。

そして今日は、直接に夫の体に針を刺して固定するところから、ルートの開始、接続、点滴液注入まで一人で遣りました。

看護師さんが立ち会いましたが、全部出来たので一発OK、誉められましたscissors

.

昨日の夜には息子家族が来たそうですが、今日の昼過ぎには娘の家族が来る予定。

.

娘たちの車は渋滞で遅れると連絡がありました。

それを待っていたら、昨夜来たはずの嫁が顔を出し「おかぁさん、両親がお会いしたいって」

驚いて、夫が蒸し暑さではだけていたパジャマの胸元を整えて談話室に。

.

なんと12年ぶりくらいでしょうか…親同士が会うってなかなか機会が無いものです。

談話室で、かすれ声で話す夫は咽が続いて~。

.

やっと娘たちが到着、お盆休みにも来てくれたんですが、帰る時に私に「いざと言う時には間に合わないかも知れないけど」とそっと言っていきました。

.

娘たち家族は婿が仕事の都合でトンボガエリの強行軍です。

「時には無理してパパの顔を見に来ると、何があっても諦められるでしょ。

自分たちを納得させるためかも知れないけれどね」。

.

帰る前の数分「パパと二人にして」と言うので、廊下で待っていました。

目を真っ赤にして病室を出てきた娘、何を話したかは訊きません。

.

親子・家族が遠くに離れて暮らすのには、互いにいろんな覚悟が要りますね。

.

**************************

今日のお昼の病院食は鶏ソテー、マカロニベーコン、サニーレタスサラダ、メロン。3683

頂いた鰻(尾)とご飯を半分食べたので、お粥は残しました。

他のオカズもそれぞれ半分近く食べられて良かったです。

.

**************************

槙かおるさんの差し入れ“ミニ鰻重”、私にも頂きました。3682

.

胃や食道を失い気管にも癌瘻孔、遠隔転移しても諦めずに頑張ってきました。

それも皆様の応援に力を頂いて励まされてきたおかげです。

夫には穏やかに1日でも長く生きていて欲しいと切に思います。

これからも、最期まで見守っていただけますようお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ応援してくださいね~o(_ _)oペコッ 

crown富士通Azbyclub『プラチナブログ』殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

『女神の料理レシピ』服部幸應監修)の鰤料理レシピ「各地の女神・男神より(お餅の美味しい食べ方教えて、アイディア5)」にも掲載されています。

« 大親友と熱い握手 | トップページ | まだ介護ヘルパーは »

コメント

遠く離れていると、何かの時に本当に遠いなと感じますよね。
私達夫婦は九州出身です。
父が入院した時は、香港に住んでいました。
ちょうど子供の学校が春休みだったので、間に合いましたが、母の時は、飛行機でかけつけましたが、(私が着く少し前まで、私の事を話し、逢えるのを楽しみにしていたらしいのですが、看護師さんが、体を拭いてあげるというので、姉や妹も病室から出、その後、病室に戻ると眠っていたと言います)私が着くと眠っていて、そのまま目を開ける事はありませんでした・・・。
もう少し近ければ・・・と思いますね。

お嬢さんも後ろ髪引かれる思いで帰られた事でしょう。
お一人ででも、時間がある時に時々来られたらいいですけどね・・・。

おはようございます♪♪

ミニ鰻重、・・・・・・。
食べたくなりましたよ。

いろいろ、・・・・・・。
ご苦労様です。

いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
応援ポチ♪♪、

覚悟…。まだ私には現実味のない言葉ですが。。娘さんの、後悔のないよう、という気持ちは分かります。夏の帰省以降本来なら年末まで間が空くのですが、今は幸い落ち着いているとは言えやはり父の顔を見たいので11月のはじめに週末を利用して子どもたちを連れて帰ってきます。特に1歳の息子には道中苦戦しそうですが(^_^;) 「今」をとても大事に思います。

Oh~ばーば看護師さま、成績優秀ですね!
コレもご主人への愛情の一つかなぁ。
手元をはずせば、ちっくん。ご主人が可愛そう
だものね。ご家族の皆様との時が持ててよかった
ですね。距離があっても、心は一つ。そんなことを
あらためて感じられたのかなぁ~っておもいました。
うなぎも美味しそう。差し入れに感謝ですね。
かおるさんもお喜びでしょう。これだけ、食欲が
おありになるご主人。お元気でよかった。

お早うございます。
朝の散歩の途中で畑に寄り、コスモスの花を摘んできました。
これから、母の処へ行きます。
敬老の日ですね。

cloverお嬢様の心情を想うと、自分自身とオーバーラップしすぎて・・。
今日も泣いてしまいました。駄目です。。。
許す限り、じ~じ様の許にお顔を出してさしあげられたら良いですね。
父と娘の間にも特別な思いがありますもの!
お嬢様からいっぱいお話して、いっぱい触れ合って頂きたいです!

ば~ば様、スムーズに専属ナースへの道に進んでいらっしゃいますね♪
ば~ば様のチックンは、痛くないし良く効きますよ!
それはね、点滴薬と共に『愛』という名の媚薬が自然と入っちゃうから~^^

今日もお二人に笑顔溢れる1日を・・お祈りしていますclover

家族が遠方で放れて暮らすのは我が家も一緒。
何かあった時はいつでも駆けつける覚悟でいます。
仕事や諸事情があるとはいえ、家族のあり方って色々な形があるんですよね☆

ばーば様、お疲れさまです
家族の絆が深まりますねconfident 
なによりのお薬ですconfident


だんだんに涼しくなってくるから、お買い物も一緒に行けますね
季節を楽しみながら、ユックリユックリ歩いてお買い物も、また良いですねconfident
転んだりしないように、それだけは注意ですねconfident

ばーば樣、こんにちは。
懐かしい友、遠方のご親族との再会、よかったですね。
会われた方からの力も加えて、きっと、じーじ樣は、まわりがおどろくほどに安定した時をもたれると、祈っています。

輸液ポートが使える回数を、おききになられたでしょう?
それをシンジテ、願ってください。

みなの想をうけとめてくださる、じーじ樣。
残る者が必ず思う「あのとき、つたえておけばよかった」という悲しみを、とりのぞいてくださっている。そうオモッテください。
皆樣の時がつづくことを、いつも願っています。

僕も昨年7月、妻をすい臓がんで亡くしました。
最後のひと月は本当に精神的に耐えられないものでした。
食事が取れずに日に日にやせ細っていく妻を見るのは苦痛でもありました。

今現在も妻を忘れられず毎日妻の携帯にメールを送っています。
最後までご主人に感謝なされながら看病に努めてください。
一人になられた時に立ち直るまで相当の時間がかかると思いますが時間が解決してくれます。
僕は一年の月日を費やしました。
それでも完全には立ち直りきれてはいませんけどね。

ご主人に幸せな最後が訪れることを願っています。

遠く離れていてなかなか来れない
お嬢さんの辛い気持ちが痛いほどわかります。
ば~ば様の大変さを一番わかっていながら
なかなか手伝えないとしたら、それもどれだけおつらいか。
これからも何度でもお父様に会いに来ることができるといいですね。
看護士ば~ば様は合格のようで何よりです!pass認定(なんて)

heart応援を頂いている皆様
いつも優しいお心遣いを頂いて挫けることなく頑張れています、感謝ですconfident


persian様
私も母が倒れた時、遠距離は厳しいと思いました、何度も会いには行きましたが死に目には間に合いませんでしたしねthink


siawasekun様
毎日のご訪問と応援コメントに感謝します、励まされますconfident


norinko様
娘は死に際には間に合わないだろうと覚悟して、来るたびに心中でお別れをしてるんだと思うんですよconfident


みどり様
度胸があると言われましたが、1度で決めないと痛いのは夫、女は度胸?かなcoldsweats01


MONA様
コスモス、この辺では見なくなりました、優しい風情がいいですよねsmile


立葵様
子供の学校や仕事があるしね、それでも何度か来てますが死に目には間に合わないというツラサはあるんでしょうねthink


やまがたん様
私も母の死に目には間に合いませんでした、娘も駆け付けても間に合わないだろうと覚悟はしてるようですthink


エイ様
そうですね、全てのペースをゆっくりにしてユックリ生きましょうsmile


過労死予備軍様
ポートの耐用回数を考えたら、のんびり落ち着いて長生き出来ますねconfident


孝ちゃんのパパ様
お辛い時間ですね、奥様はパパさんの心の中に生き続けてるんですから、奥様を愛すつもりでご自身を愛してくださいねconfident


ねりり様
駆け付けても間に合わない距離、これはどうしようも無いこと、何度か会っていれば納得はいくでしょうconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大親友と熱い握手 | トップページ | まだ介護ヘルパーは »