« 初七日でしたから | トップページ | 女性診療科受診 »

2011年11月 7日 (月)

間際まで自力排尿

hospitalmemo飲食が出来なくなる苦痛と切なさを夫の闘病で思い知りました。

健康でいられる大事さを再確認し、誰もが『美味しく食べたい』思いが続きますように。

.

10/28日の午後から危篤状態になった夫は14:30からモルヒネの注入を始めました。

気管が閉塞しているので送り込む酸素量もMAXで加湿付きです。

あまりに息が荒くて酸素マスクがずれるので弾性包帯で固定。

薬が効いてきて、息苦しさは少しマヒしたようですが、眠りはまだ浅くて肩で息をしながら時々目を開けます。

.

そんな状態でも尿意を感じるとベッドから足を下ろそうとするんです。

入院してからは、夜だけじゃなく昼も自分でベッドに腰掛けて尿瓶を使っていましたから。

.

「眠くなるお薬を使ってるから、ベッドから転がり落ちたら危険でしょ。

今の座った状態のまま、ちゃんと採って上げるから大丈夫よ」

お腹に力が入らないので、なかなか排尿されません。

下腹をさすりながら、しばらく待っていると「出ました」。

.

拭いて下着を直していると「ありがとう、こんなに遅くまで居て疲れたでしょ。

腰が痛むから帰りなさい」と、力の入らなくなった手を私の肩に置こうとします。

「今夜は泊まるから、オシッコも安心して」と言ったらニッコリして「おやすみ」

すでに時計は29日になっていました。

.

朝までに3回、自分で尿意を訴え、看護師さんの手を借りるのはイヤで私の手を借りて自力で排尿。

モルヒネで眠りに入り、意識が遠のき始めて朦朧としても、尿意には目覚めて起き上がろうとした夫。

「この状態で自力で排尿した患者は初めて」と看護師さんを驚かせました。

.

朦朧から昏睡に近い状態になってきたのか、ベッドを倒しても苦しさを感じないようになりました。

採尿管を拒否し続け、パットも嫌がり朦朧としながらも自力で排尿していたのですが。

朝からは尿が出ていません、念のためにパットをあてて貰いました。

.

29日の午前中には、呼びかけると応答できたし、笑顔も見せてくれました。

そして、29日の夜にはどんな呼びかけにも何一つ反応が無くなり、完全な昏睡状態に。

.

30日も1滴の尿も出ませんでした。

足や手に紫斑が現れてその時が近いことが分かります。

夕方「何か今夜着せて上げるお着物はありますか。

病院にも用意はありますが、もしお気に入りの浴衣でもあればそちらの方が」

言われて直ぐ、タクシーを飛ばして家に行き、浴衣を抱えて引き返してきました。

.

その僅か40分ほどの時間も、気持ちはタクシーより走って走って。

.

肩でしていた息も鎮まり、穏やかな呼吸が少しずつ少しずつ遠のいて、夜の闇に吸い込まれるようにスーッと消えました。

.

翌31日朝、霊安室で対面した夫は「ヨッ、成田屋ぁ~」と声をかけて上げたくなるくらい粋でした。

.

夫が気に入って仕立てて貰った本藍染の『三枡繋ぎ』(歌舞伎文様のひとつ)柄の浴衣。

仕立てた年に1度着ただけで、クリーニングして糊がピンと利いています。

古典江戸柄で「Tさんは着物のセンスもいいのね~、似合ってる」と誉められましたよ。

.

**************************

仏壇などにお供えする精進料理と違って、その人が座っていた場所に出す蔭膳には、その人の好物なら魚介や肉類も使っていいそうです。

ちょっと気楽に作れます。

.

今夜はミニ帆立とエリンギなどをオリーブ油で炒めて塩コショウ味。3798

他には夫の好きだった鶏肝のワイン煮、姫竹と若布煮、菊花とホウレン草の酢の物、刻みレタスのタルタル。

鶏肝の赤ワイン煮も、菊花のシャキシャキ食感も好きでした。

.

これからは私自身を守って生きて行くのが夫の思いに酬いることでしょう。

どうぞ、変わらずに見守っていただけますようお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ応援してくださいね~o(_ _)oペコッ 

crown富士通Azbyclub『プラチナブログ』殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

『女神の料理レシピ』服部幸應監修)の鰤料理レシピ「各地の女神・男神より(お餅の美味しい食べ方教えて、アイディア5)」にも掲載されています。

« 初七日でしたから | トップページ | 女性診療科受診 »

コメント

ばーば様、ごめんなさい また涙してしまいました
悲しくてと言うより、その時々の、じーじ様の様子が浮かんできて、涙してしまいます…
立派ですね……本当に立派です……

なんだか、悩んでいる自分が恥ずかしくなってしまいます。
 
じーじ様の頑張りや、穏やかに向き合う勇気や強さ、優しさ…

今、生きている私は、まだまだ、学ばせてもらいたいことばかりです。    
 ばーば様、たくさん、じーじ様のお話聞かせてくださいね…confident今の自分には私には、とても素晴らしい教科書になりますconfident
 ありがとうございますconfident

ばーば様、明日からは少し冷えるみたいです、暖かくしていてくださいねconfident

ば~ばさん、こんばんは。
このたびはお悔やみ申し上げます。
毎日ブログは拝見していました。
本当に最期のその時までご主人はご自分というものをしっかりもっておられた素晴らしい方ですね。
私の父も6月25日に74歳の生涯を終えました。21日までは病室のトイレへ自力で行っていましたが、22日にはし瓶で、そして23日には紙おむつ。でも紙おむつの交換をしてもらうのがいやだと尿道管をつけたんです。
父の闘病生活は短いものでした。病気がわかった時には処置もできず、ただその日を待つだけの入院生活。これまで胆のう壊死、脳梗塞、心不全とありましたが、その都度なんとか乗り越えてきた父。家に帰るという思いは強かったはずです。でも肝転移をした食道癌には太刀打ちできませんでした。
納骨も済ませお仏壇もおかれた実家は、父が亡くなった現実がありますが、今でも母は夜中にトイレから戻ると寝室に父が寝ているような気がしたり、買い物に行っても父の好きなものに目がいったり、生活のすべてに父が思い起こされ、涙が出てしまうようです。父の定年退職後は二人でよく旅行に行っていました。母も少しずつですが、何かしようかなという気になってきたようで、今月末には日帰りの旅行に行くことにしました。もう父とは行くことができないので気兼ねなく旅行できる相手として、私たち親子が同行することに。母、娘、孫で行ってきます。少しでも母が楽しいと思える旅行にしたいと思います。
これからどんどん寒くなります。ば~ば様、ご自愛ください。

凄いですね。じーじさんの力強い意思…
「自分のことは自分で…」そんな状況でまで守ろうとするなんて~

ばーばさんへの感謝の言葉とそして「おやすみ」と言う言葉…
そんなすべて、何もかもがあまりに完璧すぎて…
すべて物語なんじゃないか、と思えるほどです。

素敵な浴衣を着て旅立ったと言うじーじ様
素敵な話をこうやって知る事が出来てとても嬉しいです。
自分もこうありたいし、またそう送りたいと思いました。

変わらぬ食事も何だか本当に嬉しいし~
後を次ぐばーばさまのそういうところも本当に素敵です。
応援

ばーば様

明治生まれの私の祖母は99歳で亡くなりましたが
94歳で倒れるまで女としての恥じらいを忘れなかった人です。
ご主人様も身の始末を人様に任せたくないとのお気持ちの強い方ですね。
ご立派で 本当に男らしい方。
強さと優しさを兼ね備えた方でいらっしゃいますね。

ばーば様のお料理
本当に美味しそう
ご主人様 見ておられますね。
「オッ!美味しそう」と

おはようございます♪♪

いろいろ、・・・・・・。
ご苦労様でした。
詳しい説明から、伝わってきました。

ミニ帆立とエリンギなどをオリーブ油炒めて塩コショウ味、・・・・・・。
美味しそうですね。
食べたくなりましたよ。。

いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
応援ポチ♪♪

本当に我慢強く、誇り高いご主人だったの
ですね。ばーばさまのことを信頼し愛して
いたことが強く感じられますよ。
かげ善~ご主人様もよろこんで召し上がって
おいででしょう。ご一緒に希望を求めて歩き
ましょうね。

ご訪問・コメントありがとうごlざいました。
これから東京に出発するため、あいさつのみのご訪問とさせていただきます。
新橋での物産展、頑張ってきまーす☆

おはようございます、ば~ば様。

いつもありがとうございますconfident

鶏肝、美味しそうですね。
うちの2歳の息子がレバニラ炒め大好きなんで(笑)
思わず目が行ってしまいました。
(同じ食材でも少し、お献立レベルが違いますが・・・)


なんとお優しいご主人様でしょうか。
前々から思っていたものの、ご自分の状態を顧みず、
奥様であるば~ば様へのお気遣いも忘れる事無く、過ごされていたのですね。
うちの母も先日からモルヒネの注入が始まりました。
まだ意識がはっきりしているため、痛みも強く追加注入が多い状態です。
だんだん、ご主人様のように静かに眠る事ができるのだと思うと
こちらも少し気が楽になるような気がします。

先日、コメントのお返しに「次はあなたですよ、見守っています。」
と書いて下さったのを大変心強く思います。ありがとうございました。

ばーば様、おはようございます。
じーじ様の自律の気概、お見事でした。
本当に。。。じーじ様は、全部、やり遂げて逝かれたのですね。
ばーば様を気遣い、傍に居てくれて、ありがとうも、おやすみも、笑顔も残して、本当に大往生でいらっした。

江戸の団十郎の愛した柄、粋でいらっしゃる。
旅立ちの姿が、その人らしくあることは、ご親族様への一番の贈り物です。
あの姿で旅立ってくれたのだから、これでよかったのだと、そう思うことができるのは、涙の中の小さな救いになりますもの。

じーじ様は食感を楽しまれる食が、お好きなのですね。
しゃきしゃき、や、しっとりなど、様々に(にっこり)。
ばーば様と差し向かいで、今、楽しみを取り戻していらっしゃることと信じています。

はじめまして。
一昨年頃から毎日訪問させていただいてましたが、
初めてコメントさせていただきます。

今年の3月、義父が緩和病棟に入りそこで旅立ちました。
やはり意識が朦朧としていても尿意を催した時だけは
自力で起き上がろうとしていました。
転んで頭を打っては危険だからと家族がなだめたけれど
「そんなことはわかってる!」と声を荒げ・・・(汗)
やはり自力でしたかったんだと思います。
(危険なので、その後管を入れてもらいましたが)

昨年末に愛犬が1日だけ寝込んで、
“次は義父を看てあげて・・・”とでも言うように旅立ち(飼い主想いかも・・・)
3月に義父が旅立ち、ば~ば様のブログを涙しながら読んでいました。
あれもしてあげればよかったとか後悔はありますが、
一緒にいられた時間を思い返すと、よかったなと思ってます。

お身体をご自愛下さいませ。

超人。
一般人レベルではないですね。
気力、体力、運
総てに於いてconfident

ば~ばさん こんにちは。
あらためて思います
強くって優しいって事を・・・。
本当に立派ですね。

ば~ばさんがお料理している姿を
目を細めて見守ってらっしゃる事でしょう。

clover
意識も朦朧でお身体もきつい中、意識ある最後まで、自立排尿
されるなんて!!
ナースでも他人にはお下の手助けをされたくない・・
皆、同じ気持ちはあっても辛さには叶いません。
もしも間に合わず、粗相をしたら・・という不安もありますから、
楽で安心な処置をお願いする方が大多数。

じ~じ様は最後までご自分でやり遂げる自信があり、心まで病に
屈しない信念があったのですね。
こん睡状態になられても、無意識に尿パッドを汚すことが無かった
事も敬服以外ありません。

その自尊心の高さ、真似したくても出来るものではないでしょう。

本藍染浴衣の『三枡繋ぎ紋』柄。
調べて見ました。
この模様のお気に入りの浴衣をパリッと着こなして、爽やかに微笑まれる
じ~じ様。
お会いしたことは無いけれど、よりリアルに想像できます。
今は逞しいお身体に戻られて、一層粋にキメていらっしゃるでしょうclover


heart応援を頂いている皆様
いつも温かなお心遣いを頂き励まされております、ありがとうございますconfident


appleエイ様
いつも夫の生き方を理解してくださり、きっと照れながらも嬉しく思ってることでしょうhappy01


appleリコ様
同い年でやはり食道癌でしたか、夫も気道や咽喉、肝臓、肺と転移でした、お母様のお気持ちが痛いほど分かりますweep


applechika0w0様
最期の笑顔は忘れられませんね、浴衣は夫のために仕立てたのであの世では体形も元通りになって丁度かとsmile


appleりこぴー様
私も身の始末は最期まで自分でしたいですが、苦痛時や意識朦朧でも出来るかどうか不安ですwobbly


applesiawasekun様
毎日のご訪問、応援、コメントに励まされております、ありがとうございますconfident


appleみどり様
自分にとって最期までイヤだったことを私に任せた、それは嬉しいことでしたconfident


appleやまがたん様
初日9日は好天らしいですが10日から崩れそう、寒いですから大変ですねconfident


appleきゃらちゃんく様
坊ちゃんシブイですね~、モルヒネは蓄積もしますから次第に痛みも薄れるでしょうが、痛みが無くなると深い眠りに入ります…つらい時間ですねdespair


apple過労死予備軍様
安らかに逝ってくれた、苦しさを看てきた私には救いです。
夫は味付けは薄く、素材の食感は残し…と言うのを好んでましたsmile


appleビチ子様
その時々には精一杯遣ったつもりでも後になるといろんな想いが込み上げて後悔することも、でも明るく笑顔で居ることが亡き人に安心して貰えることですねconfident


appleとんちゃん様
ん?、超人なら戻って来るかも知れないわねcoldsweats01


appleチーちゃん様
そうそう、後に視線を感じます…写真を置いてるからねsmile


apple背黒シマネコ様
自尊心で出来てる体でした、って言いたいほどで粋に生きることに拘っていましたね…茨城県人なのに江戸っ子?happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初七日でしたから | トップページ | 女性診療科受診 »