« 整形外科定期診察 | トップページ | 呼ぶのを躊躇ったのは »

2012年7月15日 (日)

あの時の彼と私

leomemo美味しく食べられることが健康の証、みんなの『美味しく食べたい』思いが続きますように。

.

昨年の10/28日、いつも通りに病室に入った瞬間から、私は未だに信じられない夢の中。

.

「心配ないよ」と言う夫のそばのゴミペールには彼が吐き出した血の池。

.

次々に試す薬も効無く「モルヒネにします」…医師の宣告も彼の苦しみを和らげられるのなら~。

前以て「延命より安らかに逝きますように」と望んではいましたが。

.

「Tさん、楽になる薬を始めますよ」と言う担当医に、自ら出ない声で「お願いします」と。

.

そこからは、私はただ夫が“黄泉比良坂(よもつひらさか) ”を登り終えるのを見送るだけ。

呼び止めてはいけないような、何だか普段とは違う荘厳な空気がありました。

.

「行かないで~、逝かないで~!」

心中では叫んでいたのに、彼を苦しめ続けてきたあの苦痛がこれで終わるのだと…。

.

彼が“黄泉の国”に旅立とうと坂を登り始める意志が微かにながら見えて「後押ししてくれ」と優しい眼が言った…確証はないですが。

.

穏やかに、苦しませずに送った…と信じています。

留めても彼の苦しみを長引かせただけ~~と思っているのですが~。

.

両腕で抱きかかえた彼の眼からも泪…互いの想いは一筋の涙で一緒になりました。

私は「彼ならこう思うだろうか、こうするかしら」を常に念頭に置いて生きていきます。

.

**************************

今夜はサーモンの薄塩焼きです。Rimg0002

他にはニラの生姜ポン酢、なめこ納豆、ヒジキとキュウリとエリンギの塩ドレッシング、茄子と茗荷と角コン・海老団子の煮物。

.

夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

どうぞ、変わらずに見守って頂けますようお願いします。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ応援してくださいね~o(_ _)oペコッ

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

crown富士通Azbyclub『プラチナブログ』殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

« 整形外科定期診察 | トップページ | 呼ぶのを躊躇ったのは »

コメント

ば~ばさん こんばんは!
誰にも平等に訪れるその瞬間
いつかは来る事が分っていても やり切れませんね
お元気で!!

ばーばさん、
辛いです。
いろいろ思い出しました。

私は養母にも育ててくれた祖母と叔母にも最後のお別れができませんでしたので、ずいぶん長い間亡くなったという実感がありませんでした。

ば~ばさん、辛かったでしょ。怖かったでしょ。


こんばんは。
人の死の瞬間はどんな形でも言い表すのはつらいですね。
大変な思い胸に抱いて生きていくのも宿命ですね。

ご無沙汰しました。
ご心配おかけしました_(._.)_
優しいお言葉ありがとうございます_(._.)_
退院に向けて、介護生活への準備、仕事しながら忙しい日々でした。
介護生活始まりました。
この先どうなるのか全くわかりません。


穏やかに、苦しませずに送ったとしても辛いですよね。
でもご主人さまはこれで良かったと感謝してると思います。
これからも元気に楽しく生きて下さい。

その時の事をこうして思い出し書けるようになったのは、ばーば様がきちんと生きているからですよ。
何度も行きつ戻りつしながら、ばーば様は自分の道を歩き出すのだと思います。
人間は年齢と共に成長していくのですね。
例え、いろいろな事ができなくなったとしても。
自分で選べるわけではないけど、長生きは素晴らしい。
長寿の方を見ていて思います。

想像して、思い出して…ばーばさんに同化して…
思わず涙があふれてきました。

こうやって人に聞いて貰う(読んでもらう?)事で
ばーばさんの傷が少しでも小さくなるといいのに。

辛い決断、辛い瞬間・・・
仕方ない事でしょうが、きっとじーじさんの一番の
心配の種だったことと思います。

一緒に最後に泪を流し、逝ったじーじ様は
きっと幸せだったし、今も影ながら一緒にいますよ!!

heart応援を頂いている皆様
いつも温かいお心遣いをありがとうございます、励みにさせて頂いてますconfident


pencil湘南ジージ様
独り身は気楽なようで自由だけれど、何より話し相手が無いのが寂しいconfident


pencil松風様
歳月を経ても切なさは同じなのですね~think


pencilMOM様
死の瞬間に立ち会う、できれば無いことが望ましいのでしょうが、ツライthink


pencilみかん様
苦悩も何もかもを背負って生きていくのが残された者の宿命、なんですねthink


pencilpersian様
介護は自分を犠牲にすることも多くなりますが、互いに労り合いながら残る時間を大事に過ごす期間です、どうぞご自愛しながらの頑張りでconfident


pencilMONA様
独りの老いは怖いけれど、堂々と老いを誇れる生き方をしないとねconfident


pencilchika0w0様
毎日、過去のその日を思い出します…周辺を歩くだけで涙が出ますが、涙が出ることで少しずつ思い出が柔らかに変わるようですconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 整形外科定期診察 | トップページ | 呼ぶのを躊躇ったのは »