« 新薬投与後のMRI | トップページ | 外科と整形外科へ »

2012年11月14日 (水)

炎症性粉瘤摘出手術

hospitalmemo美味しく食べられることが健康の証、みんなの『美味しく食べたい』思いが続きますように。

.

臍の真上に肉に埋もれた小さな硬い部分があるのに気が付いたのは一昨年の晩夏の頃でした。

豆粒くらいで痛くも痒くも無かったので「脂肪の塊かな、それにしても硬い…」と思った程度。

夫の容態が思わしくなくなり、その後は悪化するばかりで、自分の塊のことはそれきり半ば忘れていました。

.

今夏は右足に大きな怪我をして、その治療に気を取られ、やっと足の怪我も瘡蓋が取れたし。

後は痺れがひどくなった脊柱管狭窄と半年ごとの大腸内視鏡検査だけ…ヤレヤレと思っていました。

それが13日(月曜日)の夜、寝返りを打った時に臍の上にズキズキッと痛みを感じたのです。

豆粒のような塊が埋もれていたことを思い出して触ってみたら、小ぶりの温泉饅頭くらいにも大きくなっていてそれが痛むのです。

.

歳のせいでお腹周りの肉が緩んでいたのと、元々が肉の内部に埋もれた塊だったので外見からは目立ちません。

それが昨日の昼からはジッとしていても痛くなって。

塊の部分が赤らんで腫れてきてるし…放っておいてはいけない気がしました。

.

さて、これは何科の受診なんだろうか。

まずは、一番馴染みの外科に行こう…顎鬚のT医師が今日は外来診察室に居るはずなので予約なしの飛び込み。

予約キャンセルがあって、そこに入れて貰い診察。

「何かしらと縁が切れないね、一昨日には変わったことは無さそうで安心してたのに。

.

この塊はたぶん“粉瘤”が悪化したんだと思う、粉瘤と言うのは毛穴が詰まって袋状の瘤になること。

疲れが溜ったり、風邪を引いたりして免疫力が弱くなると感染症を起すことが多いんだよね。

本当は化膿する前に摘出するのがいいんだけど、こんなに化膿しちゃったら切り口を付けて膿を出しちゃうことが先決かな」

.

先ずは超音波で、大きさと根が無いことを確認。

「炎症を起こさずに済むことも多いし、そのままで済む人も居るんだけど…ここまで大きくなるのは珍しいかな。

膿だけ出しても袋が残ってると再発を繰り返すんだよね。

傷は大きくなるけど、いっそポンと丸ごと抉り取っちゃおう」…いつものことだけど、平然と仰います。

そう言ってたと思ったら、即、局部麻酔で手術開始…決断ハヤッ!!

.

「年季が入ってるだけに結構大きくて深いなぁ、こんな粉瘤は滅多に無いよ」と感心されて。

「無いとは思うけど、化膿した粉瘤の袋の壁から皮膚癌が見つかることもあるから」

と、摘出した瘤は念のために組織検査に回されます。

.

6針縫って「かなり深くえぐったので相当の出血があると思うからガーゼを厚くしてテープで強めに押えておくからね。

今夜は入浴もガーゼ交換も無し、明日は必ず診せに来て」

.

と言うことで、明日からまた外科外来処置室に通うことになりました。

すっかり常連ですね~coldsweats02

.

**************************

「ウロウロしてないで、出来たらタクシーで真っ直ぐ帰って安静にしててね」

とは言われましたが~、会計して薬局に寄ったら13時を回りました。

真っ直ぐなんて帰れません…お腹ペコペコですもの。

薬局の向かいの【天や】で“季節の天麩羅オールスター&二八蕎麦”を。Rimg0001

.

局部がちょうどGパンのウェストボタンの位置、いくらガーゼを厚く当てて貰っても具合が悪いのです。

と言って、ボタンを外して歩いてるとGパンが落ちそう…やはり真っ直ぐ帰宅がいいみたい。

.

**************************

※なお、コメントは非公開で保留の設定にしましたので、直ぐには反映されませんがご了承ください。

また、悪戯や悪意のコメントは削除させて頂きます。

.

夫の思いに酬いるように、元気に生きて行きます。

どうぞ、変わらずに見守って頂けますようお願いします。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ応援してくださいね~o(_ _)oペコッ

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

crown富士通Azbyclub『プラチナブログ』殿堂(08・5)入りhappy01

改訂《ば~ばの食べ物事典》ご参考になれば幸甚。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

« 新薬投与後のMRI | トップページ | 外科と整形外科へ »

コメント

一難去ってまた一難、休ませてもらえませんね。
でも、信頼できる医者に巡り合えて良かったですね。
やはり、できもの体質は有るみたいですね。
これ以上化膿しないように注意が必要ですね。
無理しないでぼつぼつ、出来ることを
楽しんでください。

食欲が落ちないだけは幸せですよ。
私なんか一日中食欲0です。
身体の為に何とか一回食べますが
今日食べたものは、豚汁が主食で
後は野菜少々、と何時ものヨーグルト
豆乳、最近食べられるようになった
果物一個です。後は寝る前に牛乳一杯温めて
青汁の粉入れて飲みます。
先日は外食したが、かけ蕎麦一杯だけでした。

食べる楽しみもなく、病気が気がかりで
一人旅も遠くはなかなか行けず
一緒に行ってくれる人も短期ならいるが
長期となるといないし、
バス旅行なんて、もってのほか
耳鳴りがうるさくて、左耳はほとんど
聞こえず、音が響いて頭も休まらず
薬飲まなければ眠れず、飲むと胃がチクチクして
胃薬飲んでいても気になるし
そのほかにも人に言えない厄介の治しようも無い
生活の質も落とさなければならない病気もあり。
他人が見ただけでは元気そうに見えて
なった人ではなければわからないので
同病者は皆さん哀れです。
なんて、人のブログで愚痴書きました。
まぁ世の中には色んな人がいます。

未だ自分は幸せの方と思って生きましょう。

なんて変な事書きました、ごめんね。

大変なこと続きですね。
それでも辛抱強いばーば様には、感心してしまいます。
自分の身体ですもの、丁寧に点検、補修していかなければ・・・
そんなばーば様に教えられること、いっぱいです。

heart応援を頂いている皆様

shineみかん様、pencilMONA様


pencil上を見ても、下を見ても人はさまざま、病気も様々ですね。
自分よりツライ思いをなさっている方もたくさんいらして、まして年齢がお若い方の大病を見るのは切ないですが、みんな頑張って生きています。

夫のおかげで、病院の敷居が低くなり気軽に相談に行けるようになってありがたいことです…特に外科とは縁が深いようで(=´Д`=)ゞ。
何かと相談に行けるとメンテナンスも早いうちに出来ますしねsmile

はじめして、ぺぺろみあ です。自分もへそから右に2センチのあたりに粉瘤と思われるしこりがあります。ちょうどベルトがあたる場所なんです。薬と塗り薬で様子を見てましたがベルトを締めるとお腹にあたり圧迫されると痛い。総合病院で火曜日の午後 日帰り手術で摘出することになりました。痛いんだろうなあ。なんか摘まむと奥に食い込んでるみたい。
去年、回転と横揺れのめまいと痺れ、左半身に力コントロールができない。左握力の低下で一ヶ月入院、退院後2ヶ月後にめまいで入院したら2日後の退院日に41度発熱で延期、尿閉になり退院がまた延期。結局3週間入院してました。
結局、痺れやめまいの原因不明のまま、リハビリで運動神経の回復を続けてます。

pencilペペろみあ様
手術自体は麻酔をするし、とくに痛いことも無いのですが、しばらくは着る物を考えないと傷口を圧すると痛いです。
私の場合は傷口が芋虫のようにゴロンとしたケロイドになって、いまは時に擦れたり被れたりしています。

それより心配なのは眩暈や横揺れですが、当然耳鼻科の検査も受けられてますよね。
友人は耳石が動いて同じような症状を呈し、しばらく辛そうでした。お大事にconfident

ばーば様 今日予定通り粉瘤摘出手術をしてきました。麻酔かけるときは痛いですね。手術前は血はでないだろうと医師と看護師が話ししてました。お腹を切って粉瘤を摘出するにあたり、止血するため血管を焼く措置をしました。大きさはミニトマトよりふたまわり大きかった。大きすぎるから消化器に負担かかっていただろうなあ。まあ、2、3日は痛みは続くだろうなあ。痛み止めもらっているけど効きにくい体ですから。

pencilぺぺろみあ様
なにはともあれ、無事に終了されて良かったです、私のも温泉饅頭くらいありましたから、似たような大きさかしら…あとは私のような酷いケロイドにならないように祈っております。confidentお大事に。

ばーば様 今日はじめて、摘出した縫い口見ました。16針位かなあ。昨日、医師に手術しながら聞いたら翌日からお風呂に入ってもいいて言っていましたが今日は熱もあり37.0度(平熱は35.5度)なので一応やめておいて、消毒液で消毒し、絆創膏で保護してますが、明日はどうするかなあ。インターネットで調べて見ると抜糸まで浴槽に浸かるのはダメで、シャワー浴はOKとか、翌日から入浴OKとかあるけど、どちらがいいのかなあ。シャワー浴するには寒すぎるし、今日の最低気温−10度、最高気温−1度位

明日で粉瘤摘出から一週間で抜糸予定です。化膿もしていないみたいです。
意外に摘出手術に出血で電気メスで止血してたみたいですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新薬投与後のMRI | トップページ | 外科と整形外科へ »

応援してね!

  • 人気ブログランキングへ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ